第4次大東市総合計画

 本市は昭和31年の市制施行以来、昭和35年に新市建設計画、昭和42年に第1次総合計画、昭和55年に第2次総合計画、平成3年には第3次総合計画を順次策定し、総合的、計画的な市政の運営をすすめてきました。
 これまでの間、大都市周辺都市として人口急増と急激な都市化のなか、高度経済成長に支えられながら基盤整備を中心にまちづくりを推進してきましたが、近年、時代の変遷と共に国際化、情報化、少子高齢化などの影響を受け、市民のライフスタイルは大きく変容し、価値観とニーズは多様化かつ複雑化しています。また地方分権の本格化に伴い、地方自治は「参加」と「経営」、とりわけ行政と市民が連携し合うまちづくりの時代に入っています。
 こうしたなか、本市が当面するさまざまな社会環境の変化に対応しつつ、本市の長所と可能性を生かし、短所や問題点を出来る限り減らしていくという考え方に基づいて、希望に満ちた21世紀の最初の四半世紀余りを展望する将来像を定め、これからのまちづくりを着実に実践していくため、平成13年に『第4次大東市総合計画』を策定しました。
 平成28年にその一部を改訂し、後期計画を策定した後、平成31年には、主要施策の追加・拡充や達成指標の時点修正など、さらに一部改訂を行いました。

 

第4次総合計画 第2期基本計画(後期)

お問い合わせ先

戦略企画部 戦略企画室 戦略企画グループ
電話番号072-870-0404 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年4月5日