認可外保育施設等の請求について

 令和元年10月に開始しました幼児教育・保育の無償化に伴い、保育の必要性のあるお子さんに限り、認可外保育施設の利用料も無償化の対象になります。
 無償化の方法は、償還払いとなりますので、いったん在籍園等に利用料を支払い、後日市に請求していただくことで、市から償還金をお支払いします。
 請求方法や、請求金額の計算方法につきましては、次のとおりです。

 

1.無償化の対象となるお子さん

 認可外保育施設に在籍し、子育てのための施設等利用給付認定(新2号認定・新3号認定)を受けたお子さんが対象となります。
 新2号認定・新3号認定を受けていない方は、市役所子ども室に申請を行って下さい。

お子さんの年齢・所得要件 保育の必要性 認定区分 月額上限額(※1)
3歳~5歳(所得要件なし) あり

新2号認定

37,000円
0歳~2歳(市町村民税非課税世帯) あり 新3号認定 42,000円

※1 無償化の対象となるのは保育料のみです。通園送迎費、食材料費、行事費などの実費負担については、無償化の対象とはなりません。

 

2.対象となる施設

 都道府県に届出をした認可外保育施設が無償化の対象です。
 在籍園が届出をしているかどうかについては、園に直接ご確認ください。

 

3.一時預かり等の利用について

 認可外保育施設に在籍する新2号認定・新3号認定を受けたお子さんは、一時預かり、病児保育、ファミリー・サポート・センターの利用も月額上限額(37,000円又は42,000円)の範囲内で無償化の対象となります。

 

4.請求の手続き

 認可外保育施設の無償化の方法は、四半期(3か月)ごとの償還払いとなります。
 いったん利用料を在籍園へお支払いいただき、後日市から償還金をお支払いします。

~サービス利用から償還金お支払いまでの流れ~

1.利用料を在籍園に支払います。
           ⇩
2.在籍園が発行する「特定子ども・子育て支援の提供に係る支払い証明書兼提供証明書(※2)」を受け取り、保管してください。
           ⇩
3.「施設等利用費請求書(償還払い用)」をご記入の上、3か月分の「特定子ども・子育て支援の提供に係る支払い証明書兼提供証明書」を添付して、大東市子ども室に期限までに提出してください。また、他施設で一時預かりや病児保育等を利用し、「支払い証明書兼提供証明書」を受け取られた場合は、合わせて添付してください。
           ⇩
4.市で給付額を決定し、請求書に指定された口座に償還金が振り込まれます。

※2 「特定子ども・子育て支援の提供に係る支払い証明書兼提供証明書」は、施設の所在地の市町村によって様式や名称が異なります。

 

5.請求書の様式・添付書類

 ご請求の際に、大東市に提出していただく書類は次の通りです。

(1)施設等利用費請求書(償還払い用)(3か月分をまとめて記入してください)
(2)特定子ども・子育て支援の提供に係る支払い証明書兼提供証明書(在籍園等が発行したものを添付してください)
(3)委任状(認定保護者と振込口座の名義が異なる場合のみ提出してください)

(1)(3)は、以下の様式をダウンロードして使用してください。
記載例も合わせて掲載していますので、記入する際の参考にしてください。

 

6.請求書の提出期限・給付時期

 認可外保育施設等の無償化に係る償還払いのご請求は、年に4回の提出期限を設けておりますので、期日までに在籍園へ請求書等をご提出ください。
 期限を過ぎて提出されますと、振込時期が大幅に遅れる場合がありますので、ご注意ください。

利用月 提出期限 給付日(口座振込)
令和元年10月~12月 令和2年1月25日 2月末頃
令和2年1月~3月 令和2年4月11日(※3) 5月末頃
令和2年4月~6月 令和2年7月27日 8月末頃
令和2年7月~9月 令和2年10月25日 11月末頃

※3 1月~3月利用分の提出期限は、市役所の年度の切り替え時期のため、通常月よりも早めの期限となっております。

 

 

請求書の提出・問い合わせ先

大東市福祉・子ども部 子ども室 子ども政策グループ(市役所西別館1階)

電話:072-870-9662(直通)

 

更新日:2019年10月11日