「障害者虐待防止法」について

障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止(ぼうし)について

 

障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止法(ぼうしほう)(障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止(ぼうし)障害者(しょうがいしゃ)養護者(ようごしゃ)(たい)する支援(しえん)(とう)(かん)する法律(ほうりつ))が(へい)(せい)24(ねん)10(がつ)1(にち)から施行(しこう)されています。障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止法(ぼうしほう)障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)によって障害(しょうがい)のある(ひと)権利(けんり)尊厳(そんげん)がおびやかされることを(ふせ)ぐための法律(ほうりつ)です。

 

〇この法律(ほうりつ)(まも)られる障害(しょうがい)のある(ひと)とは、下記(かき)(とお)です。

身体(しんたい)障害(しょうがい)知的(ちてき)障害(しょうがい)精神(せいしん)障害(しょうがい)(発達(はったつ)障害(しょうがい)(ふく)む)、そのほか心身(しんしん)障害(しょうがい)がある(ひと)であって障害(しょうがい)社会的(しゃかいてき)障壁(しょうへき)によって日常(にちじょう)生活(せいかつ)社会(しゃかい)生活(せいかつ)相当(そうとう)制限(せいげん)()けている状態(じょうたい)にあるものとされており、障害者(しょうがいしゃ)手帳(てちょう)取得(しゅとく)していない(ひと)や18(さい)未満(みまん)(ひと)(ふく)まれます。

 

〇この法律(ほうりつ)(さだ)められている障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)下記(かき)の3種類(しゅるい)()かれています。

養護者(ようごしゃ)による障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)

障害(しょうがい)のある(ひと)身辺(しんぺん)世話(せわ)金銭(きんせん)管理(かんり)などをしている家族(かぞく)親族(しんぞく)知人(ちじん)などによる虐待(ぎゃくたい)

障害者(しょうがいしゃ)福祉(ふくし)施設(しせつ)従事者(じゅうじしゃ)(とう)による障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)

障害者(しょうがいしゃ)福祉(ふくし)施設(しせつ)障害(しょうがい)福祉(ふくし)サービスの事業所(じぎょうしょ)(はたら)いている職員(しょくいん)による虐待(ぎゃくたい)

使用者(しようしゃ)による障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)

障害(しょうがい)のある(ひと)雇用(こよう)している事業(じぎょう)(ぬし)上司(じょうし)などによる虐待(ぎゃくたい)

 

下記(かき)行為(こうい)虐待(ぎゃくたい)になります。

身体的(しんたいてき)虐待(ぎゃくたい)

暴力(ぼうりょく)(くわ)えること。または正当(せいとう)理由(りゆう)なく()(うご)きがとれない状態(じょうたい)にすること。

性的(せいてき)虐待(ぎゃくたい)

()()やり(または同意(どうい)()せかけ)わいせつなことをしたり、させたりすること。

心理的(しんりてき)虐待(ぎゃくたい)

(おど)しや侮辱(ぶじょく)などの言葉(ことば)態度(たいど)拒絶(きょぜつ)(いや)がらせによって精神的(せいしんてき)苦痛(くつう)(あた)えること。

放棄(ほうき)放任(ほうにん)(ネグレクト)

食事(しょくじ)入浴(にゅうよく)洗濯(せんたく)排泄(はいせつ)など世話(せわ)をしないこと、必要(ひつよう)なサービスや医療(いりょう)をうけさせないなどによって、心身(しんしん)衰弱(すいじゃく)させること。

経済的(けいざいてき)虐待(ぎゃくたい)

同意(どうい)なく財産(ざいさん)年金(ねんきん)賃金(ちんぎん)勝手(かって)使(つか)う。または正当(せいとう)理由(りゆう)なく金銭(きんせん)使用(しよう)制限(せいげん)すること。

(ぎゃく)(たい)(こう)()具体例(ぐたいれい)については「障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)区分(くぶん)事例(じれい)」PDFをご(らん)ください。

 

通報(つうほう)相談(そうだん)について

大東市(だいとうし)では大東市(だいとうし)障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止(ぼうし)センターを設置(せっち)し、障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)早期(そうき)発見(はっけん)()虐待者(ぎゃくたいしゃ)および、虐待者(ぎゃくたいしゃ)への支援(しえん)虐待(ぎゃくたい)(かん)する(けい)(はつ)(かつ)(どう)()()んでいます。「虐待(ぎゃくたい)かもしれない」と(おも)ったら、すみやかに下記(かき)窓口(まどぐち)にご(そう)(だん)ください。虐待(ぎゃくたい)通報(つうほう)した(ひと)(とど)()をした(ひと)情報(じょうほう)慎重(しんちょう)()(あつか)われ、情報(じょうほう)()られます。匿名(とくめい)での相談(そうだん)通報(つうほう)可能(かのう)です。

早期(そうき)相談(そうだん)通報(つうほう)虐待(ぎゃくたい)されている(ひと)だけではなく、虐待(ぎゃくたい)をしている家族(かぞく)などがかかえる問題(もんだい)解決(かいけつ)につながります。障害(しょうがい)のある(ひと)安定(あんてい)した生活(せいかつ)社会(しゃかい)参加(さんか)(たす)けるために、社会(しゃかい)全体(ぜんたい)協力(きょうりょく)して虐待(ぎゃくたい)防止(ぼうし)()()みましょう。

 

相談(そうだん)窓口(まどぐち)

大東市(だいとうし)障害者(しょうがいしゃ)虐待(ぎゃくたい)防止(ぼうし)センター

大東市(だいとうし) 子ども()福祉部(ふくしぶ) 障害(しょうがい)福祉課(ふくしか)

大東市(だいちょうし)三住(みすみ)(ちょう)2-7シティワース1(かい)

大東市(だいとうし)谷川(たにがわ)1丁目(ちょうめ)1(ばん)1(ごう)

TEL:072-806-1332

TEL:072-870-9630

 
お問い合わせ先

福祉・子ども部 障害福祉課
電話番号072-870-9630・072-870-9652 ファクス072-873-3838
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所西別館2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年7月31日

大東に暮らすコト

新着情報
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当