大東市外の市町村で予防接種を受けたい場合について

里帰り出産や、施設入所、入院又は通院等の理由により、大東市で予防接種を受けることができない方は、以下の手続きをしていただくことで、定期予防接種として他の市町村でも接種していただくことができます。

必ず接種前にご相談ください。

 

※四條畷市、寝屋川市、門真市、守口市での接種に関しましては、5市乗り入れをしていますので、依頼書の発行は必要ありません。

 ただし、各市の契約実施医療機関での接種に限りますので、上記4市の医療機関で接種をご希望される場合は、各市へお問い合わせください。

 

【依頼書発行手続き】

すこやかセンター(大東市立保健医療福祉センター)内にある、地域保健課窓口にて申請書の提出が必要となります。

ご来所が困難な場合は、お電話にてお問い合わせください。

申請書を確認したうえで、依頼書を発行いたします。

依頼書の発行には1週間~10日程度の日数を要します。予防接種の予約を入れている場合などは、日程に余裕をもって事前の申請をお願いいたします。

 

持ち物

☆母子健康手帳(小児のみ)

☆印鑑

☆本人確認のできるもの(健康保険証など)

※依頼書は、「受けられた予防接種の副反応で健康被害が生じた場合の救済措置は大東市が行います」という内容のものです。また、依頼書を発行して接種することで、他市町村での接種でも定期予防接種扱いとなり、大東市による償還制度がご利用できます。

 

【償還制度について】

 依頼書発行後の接種につきましては、一旦全額自己負担となり、後日、地域保健課にて償還手続きが必要となります。接種料金については、接種される市町村によって異なりますので、あらかじめ接種を希望される市町村にお問い合わせください。この際、大東市の上限額を超えた場合、超えた分の金額は自己負担となりますのでご注意ください。

 

詳細については、地域保健課までお問い合わせください。