大東市新型インフルエンザ等対策行動計画の策定について

 大東市では、新型インフルエンザやそれと同様に社会的影響が大きい新感染症が発生した場合に、感染拡大防止など必要な対策を適切に実施できるよう、平成26年3月に「大東市新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しました。
 


 平成25年4月に施行された新型インフルエンザ等対策特別措置法を受け策定したものであり、(1)実施体制、(2)情報収集・サーベイランス、(3)情報提供・共有、(4)予防・まん延防止、(5)市民生活の安定の確保、(6)医療について、未発生期、府内未発生期、府内発生早期、府内感染期、小康期の5つの発生段階ごとに対策を規定しています。
 


 なお、平成26年1月17日~2月7日の間に実施いたしました、当計画(案)に係る意見募集の結果は、以下のとおりです。
 


意見の件数 0件

 

更新日:2018年5月30日