面積要件引き下げに伴う生産緑地地区の追加指定受付を行っています!

 市では、生産緑地地区の面積要件を500平方メートル以上から300平方メートル以上へと引き下げました。生産緑地地区は、市街化区域内で適正に管理されている良好な農地のうち、生産緑地法で定められた面積要件などを満たしたものを指定しています。

 つきましては、次のとおり追加申請を受け付けしています。

★今年度の受付は7月31日(水)午後5時30分までです。追加申請をお考えの人は早目にお問合わせください。

 

生産緑地地区の指定を受けると

・農地に係る固定資産税、都市計画税は市街化調整区域の農地と同じく農地評価

および農地課税となります。

・相続税および贈与税に対して、納税猶予の制度を適用することができます。

・原則30年間の農地などとして適正な管理・保全義務が生じます。

・建築物の新築、改築、増築や宅地の造成などの行為は原則制限されます。

 

指定の流れ

1 指定に係る受付締切(7月末)

2 審査および現地調査(8月ごろ)

3 府との協議(9月ごろ)

4 都市計画審議会で審議(11月ごろ)

5 生産緑地地区の指定および決定通知の送付(12月ごろ)

 

指定の要件

★ 1団の農地で面積が300平方メートル以上の規模であること。

★ 合理的な土地利用に支障がない農地、農業の継続が可能である農地。

★ 土地に関する権利を有する者全員の同意がある農地

 

 

指定に際し必要なもの等、事前にお問い合わせください。

 
お問い合わせ先

街づくり部 住宅都市政策課
電話番号072-870-9658 ファクス072-874-8799
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所西別館3階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年6月7日