指定管理者制度とは

指定管理者制度とは

 これまで、市に代わって公の施設の管理運営を行うことができる団体は、市の外郭団体などの公共的団体に限られていました。
 平成15年に地方自治法が改正され、指定管理者制度が創設されました。これにより、従来の公共的団体に加え、民間企業やNPO法人などの団体にも公の施設の管理運営を委ねることが出来るようになりました。
 市は、利用者サービスの向上と管理運営コストの縮減をめざして、指定管理者制度を活用していきます。 

本市における指定管理者の指定までの流れ

施設設置条例の改正⇒指定管理者の募集(公募の場合:説明会→質問・一斉回答)

⇒応募団体からの申請⇒指定管理者の候補者の選定審査(選定審査委員会を設置)⇒候補者の選定⇒指定管理者の指定の議決⇒指定管理者の指定・協定書締結⇒指定管理者による管理運営開始

 
お問い合わせ先

政策推進部 企画経営課
電話番号072-870-0404 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年8月8日