【5月13日発表】大東市だんじりフェスティバルIN大東 食の祭典

~地域の絆を再確認!立ち上がった市民有志メンバーによるイベント~
第2回大東だんじりフェスティバル IN 大東 食の祭典

大東市では、NPOや市民団体等の皆さんの持つ専門性や柔軟性などの特性を発揮していただくことにより、きめ細やかな市民サービスの実現にむけて、提案公募型委託事業を実施しています。今年度は8団体を採択しました。その採択された団体の1つである「大東だんじりフェスティバル連合会」が開催する『第2回大東だんじりフェスティバル IN 大東 食の祭典』が5月19日(日曜日)に開催されます。
本市は、江戸時代から続く地域の歴史的資源である「だんじり」の継承に地域と共に取り組んできました。今後は、毎年10月に市内各地で行われるだんじりまつりを将来の世代へ継承し、だんじり文化のさらなる発展を遂げていきたいと考えています。そのような中、平成29年4月に市制施行60周年記念事業として開催したイベント「大東地車大集結」がきっかけとなり、「地域の絆を再確認し、各地域が所有するだんじりに触れ合ってもらう機会をつくりたい」と立ち上がった有志のメンバーの活動によって、昨年、本イベントが初開催され、好評を博しました。本年は第2回目の開催となります。今回から新たに、市内最大級のだんじりを所有する北條中之町地区が加わり、大東市の5つの地域(御領地区・西諸福地区・灰塚地区・北灰塚地区・北條中之町地区)のだんじり4台・御輿1台が集結するほか、飲食の屋台が会場を盛り上げます。また、だんじりファンの間でカリスマ的存在である「IKECHAN」のライブにより会場は一体となります。ぜひ、貴媒体にて本イベントのご紹介・ご取材をいただきますようお願いいたします。ご取材をいただける場合には、5月17日(金曜日)午後4時までに自治推進室担当者までご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

<開催概要>
イベント名:第2回大東だんじりフェスティバル in大東 食の祭典
日時:5月19日(日曜日)午前10時30分~午後2時30分 ※小雨決行
場所:末広公園(JR住道駅南側:大東市末広町6)
スケジュール:午前10時30分  大阪締め
午前10時40分  だんじり入場
午後0時5分   会長による開会宣言
午後0時10分  大東市長 東坂浩一 挨拶
午後0時45分   IKECHANライブ・彫刻実演
午後2時      各地区退場
主催:大東だんじりフェスティバル連合会
後援:大東市・大東市教育委員会
料金:観覧無料

昨年の様子
昨年の様子

IKECHANのライブ
IKECHANのライブ                

彫刻実演
彫刻実演

【大東市とだんじり】
大東市のだんじりは江戸時代の文政期(1817~1830年)頃から徐々に出現し始めました。その後も各地域でだんじりを所有するようになり、現在では、だんじりと御輿、あわせて30台以上が毎年10月に市内各所で開催される秋まつりで曳行します。大東市のだんじりの特徴の一つとして、その大きさが挙げられます。高さ5メートル以上のものが多く重量もあるため、約20人がかりで動かすものがほとんどです。掛け声や太鼓の音頭の中で曳行し、旋回(やりまわし)をするだんじりの迫力は一見の価値があります。さらに、各地域のだんじりはさまざまな彫物が施され、中でも庶民の人気を集めた歌舞伎や浮世絵の物語を彫った装飾が多く見られます。今回のイベントでは、実際にだんじりに触れることができるほど間近で鑑賞ができるため、各地域の飾りなどの特色に目を向けて、それぞれのだんじりに込められた物語を感じることもできます。

旋回(やりまわし)の様子
旋回(やりまわし)の様子

【報道関係者様のお問い合わせ先】
大東市 市民生活部 自治推進室  担当:長町
電話072-870-9612 ファックス072-872-2268

お問い合わせ先

戦略企画室 広報広聴グループ
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

報道発表(プレスリリース)
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当