【6月25日発表】クローズアップ飯盛城を開催します

~国史跡指定をめざす飯盛城の発掘調査報告会~
『クローズアップ飯盛城2019』
滋賀県立大学 中井 均 教授の記念講演「発掘で明らかになった飯盛城」
最新発掘調査の報告、出土遺物や調査写真などの資料を一般向け初公開
7月20日(土曜日)午後1時「四條畷市立市民総合センター」にて開催

大東市教育委員会と四條畷市教育委員会は、両市にまたがる飯盛城跡の歴史的価値について理解していただくことを目的に、一般の方を対象とした発掘調査報告会『クローズアップ飯盛城2019』を、7月20日(土曜日)に開催します。
国史跡指定をめざし、両市が実施した発掘調査、石垣調査等の最新情報を報告するほか、飯盛城跡の調査研究に関する専門委員である滋賀県立大学教授の中井 均氏に記念講演をしていただきます。
また、出土遺物や調査写真などの資料を公開します。

   

V郭(御体塚廓(ごたいづかぐるわ))のせん列・虎口に築かれた石垣

大阪府下最大級の戦国時代の山城である飯盛城では、戦国時代最初の天下人であった三好長慶が連歌会を開催しました。またルイス・フロイスが著した「日本史」には宣教師がたびたび訪れ、家臣がキリスト教に改宗したことなどが記されています。両市では、飯盛城の歴史的な価値を検証するため、平成28年度から発掘調査や石垣の測量調査を行い、これまでに築城時の造成や礎石建物跡等を確認してきました。 
平成30年度の調査では、虎口に築かれた石垣、新たな巨大な石垣、塼列建物跡(せんれつたてものあと)、城内の道など新たな遺構などがみつかり、城の実態がさらに明らかになってきました。
今回開催する『クローズアップ飯盛城』は、皆さまに飯盛城の歴史的価値を知っていただき、国史跡指定に向けた機運を高めていくことを目的とした報告会です。

当日は、両市の担当者が平成30年度に実施した発掘調査・石垣測量調査について報告を行うほか、飯盛城跡の調査研究に関する専門委員をしていただいている滋賀県立大学の中井均教授に「発掘で明らかになった飯盛城」と題した記念講演をしていただきます。また、会場では出土遺物をはじめ、貴重な古写真(昭和初期撮影)や調査写真など多数の資料を公開します。

<報告会概要>
名称:クローズアップ飯盛城2019
主催:大東市教育委員会、四條畷市教育委員会、大東市立歴史民俗資料館、四條畷市立歴史民俗資料館
日時:令和元年7月20日(土曜日) 午後1時~午後4時30分(0時30分開場)
会場:四條畷市市民総合センター 市民ホール(四條畷市中野三丁目5番25号)
★駐車場:台数に限りがあるため公共交通機関でお越しください。
(JR学研都市線 忍ケ丘駅下車、南へ徒歩8分)
定員:700人(参加費無料・当日先着順)
内容:【報告】 1.「もっと知りたい飯盛城―石垣編―李 聖子(大東市教育委員会)
2.「飯盛城『御体塚』の新事実」―『御体塚曲輪』、石垣の調査―實盛 良彦(四條畷市教育委員会)
【記念講演】 「発掘で明らかになった飯盛城」 中井 均 氏(滋賀県立大学人間文化学部教授、飯盛城跡調査研究に関する専門委員会 副会長)

当日問合せ:四條畷市立公民館(電話072-879-3939)

【報道関係者様のお問い合わせ先】
四條畷市教育委員会 教育部 生涯学習推進課  担当:村上、實盛
電話:072-877-2121(内線860・862)、ファクス:072-877-8300
大東市教育委員会 生涯学習部 生涯学習課    担当:佐々木、李
電話:072-870-9105、ファクス:072-870-9687

お問い合わせ先

戦略企画室 広報広聴グループ
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

報道発表(プレスリリース)
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当