【7月10日発表】第13回 中学生ものづくり体験講座「ロボット製作」講座の取材会を開催

~未来のものづくりの担い手をつくる第一歩~
夏休みに学ぼう! 第13回中学生ものづくり体験講座
7月25日(木曜日)都島工業高等学校にて「ロボット製作」講座の取材会を開催

大東市は、大阪市立都島工業高等学校及び大阪府立城東工科高等学校と共催で、7月25日(木曜日)と8月20日(火曜日)に、「第13回中学生ものづくり体験講座」を開催します。また、7月25日(木曜日)に、大阪市立都島工業高等学校にて、「障害物をよけて走る!光センサーよけロボ」講座の取材会を実施します。
本講座は、大東市内の中学生を対象に、講座を通してものづくりの魅力を伝え、工業高校への進学機会を増やし、将来の市内製造業の担い手となる人材を育成することを目的に開催します。大東市は、製造業が集積し、ものづくりのまち・大東として魅力的な企業が多いまちですが、製造業も含め、人手不足・担い手不足が問題で廃業しているケースもあります。その様な社会課題を解決するべく、2007年より講座を開始しました。過去に受講した生徒の中には、工業高校に進学した生徒もおり、ものづくりに携わる人材の育成につながっています。

光センサーよけロボ
光センサーよけロボ
マンツーマンで中学生に指導する高校生
マンツーマンで中学生に指導する高校生
配線の仕組みを説明する磯村先生
配線の仕組みを説明する磯村先生

講座は、7月25日(木曜日)に、大阪市立都島工業高等学校にて、「障害物をよけて走る!光センサーよけロボ」を、8月20日(火曜日)には、大阪府立城東工科高等学校にて、「金属からコマを作ろう!旋盤でコマ製作」を行います。
取材会当日の7月25日、大阪市立都島工業高等学校での講座では、電気電子工学科科長の磯村和也氏が講師となり、同校生徒も中学生に対して指導する予定です。
昨年、都島工業高等学校にて開催した講座では、屋内配線やテレビアンテナの製作を行いました。テレビアンテナ製作では、薄い銅板をハサミで切り、銅板にはんだ付けをする慣れない作業もありましたが、高校生にフォローしてもらいながら、一生懸命に取り組んでいました。実際に自分で作ったアンテナでテレビが映った時には、「わ!」と驚いた様子の中学生でした。
今年の講座内容は、より中学生が興味のある「ロボットの製作」をテーマにし、この体験を通じて、ものづくりの面白さや奥深さを味わってもらいたいと考えています。
 

【報道関係者様のお問い合わせ先】
大東市政策推進部 産業振興課 担当:峯瀬
電話:072-870-4013 ファックス:072-870-9606

お問い合わせ先

戦略企画室 広報広聴グループ
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

報道発表(プレスリリース)
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当