COOL CHOICEの取組み

大東市は地球温暖化対策のための国民運動「COOLCHOICE」に賛同し、様々な取り組みを進めています。

平成29年度は環境省の「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費補助金」を活用し「地域密着型COOL CHOICE啓発事業」として、大きく2つの事業を実施します。

1 小学校における温暖化学習授業の実施

 大東市立氷野小学校及び北条小学校、四條畷学園小学校において温暖化学習の授業を行います。大阪産業大学デザイン工学部花田教授のゼミ生が先生となって、小学生に分かりやすく楽しい授業を実施し、自然とCOOL CHOICE(賢い選択)ができる子ども達の育成を目指します。

 

2 COOL CHOICE啓発活動

 大阪産業大学や野崎参道商店街のイベント、その他市の実施するイベント等において、COOL CHOICEの普及啓発活動し実施し、賛同者を募ります。COOL CHOICE活動を伴うイベント等に関して、今後随時ホームページ、フェイスブックを通じて発信していきます。是非ご参加ください。

 

※COOL CHOICE(賢い選択)とは?

 日本はパリ協定に基づき、2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減する目標を掲げています。

 COOL CHOICEは、この目標を達成するために、省エネ製品・サービス・行動など、温暖化を防止するための、あらゆる「賢い選択」をしていこうという国の取組みです。

 

 

四條畷学園小学校にて温暖化授業を実施しました!

11月28日(火)四條畷学園小学校において、4年生3クラスを対象に大阪産業大学の学生による地球温暖化についての授業を実施しました。

今回で3校目になります。

前2校と同様にパワーポイントによる温暖化のメカニズムや問題点の説明の後、手回し発電・風力発電による発電実験を体験し、家庭にある電化製品についてどうすれば節電できるかを考えます。

子ども達はとても積極的に意見を発表し、楽しく元気に授業に取り組んでくれました。大学生も前回・前々回の反省を活かして授業を工夫し、どんどんと良い授業になってきました。

今年度の大学生による小学生への温暖化学習はこれで終了です。

授業を受けてくれた子ども達が、毎日の生活の中で節電を意識し、学んだことを家族や友達に広く伝えていってくれることを大いに期待しています。

今回の温暖化学習の実施にご協力いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

大阪産業大学(阪駒祭)において啓発活動を実施

11月5日(日)、大阪産業大学の学園祭「阪駒祭」において、「エコ推進プロジェクト」のメンバーの協力のもと、啓発活動及びワークショップを実施しました。

学内に4カ所設置された「エコステーション」(ゴミの分別ステーション)でごみの分別をしながら、COOL CHOICEについて説明し、賛同を募りました。ごみを分別しながらアンケートを取るので大変な作業でしたが、たくさんの人に賛同していただくことができました。ありがとうございました。

また、12時からと14時からの2回、株式会社kokowellさんを講師に招き、フェアトレードで取引された「ココナッツオイルで作るリップクリーム作り」と題したワークショップを開催しました。

蜜蝋、ココナッツオイルを溶かした後、好きな香りの精油をたらし、リップクリームのケースにつめて固めると出来上がりです。

予想よりたくさんの人がお越し下さり、定員オーバーでご参加いただけなかった人もいらっしゃいました。申し訳ございませんでした。

皆さんも、身近なところから環境にやさしい行動、取組みについて考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

四条ふるさと祭りにおいて啓発活動を実施

10月15日(日)四条ふるさとまつりにおいて啓発活動を実施しました。

あいにくの雨でしたが、数々のパフォーマンスや勇壮なだんじり曳行を見ようと、たくさんの人が訪れました。

私達もステージに上げていただき、COOLCHOICEについて宣伝することができました。

COOLCHOICEに賛同し、アンケートにお答えいただいたみなさま、ご協力誠にありがとうございました。

 

 

 

 

公用車のエコドライブ啓発のためのマグネットを装着しました!

 

9月21日、「COOL CHOICE」推進の一環として、市民のみなさまへの啓発のため、本市公用車にエコドライブ推進のマグネットを装着しました。

自動車運転時には「ゆっくり加速 ゆっくりブレーキ」を心がけ、エコドライブにご協力いただきますようお願いします。

 

氷野小学校にて温暖化授業を実施しました!

9月20日(火)大東市立氷野小学校において、4年生3クラスを対象に大阪産業大学の学生による地球温暖化についての授業を実施しました。

7日の北条小学校に続く2校目の授業になりました。

最初に説明を聞いた後、実際に手回し発電・風力発電による発電実験を体験し、最後に家庭にある家電製品でどのような節電ができるかを考えます。

子ども達は、説明は静かに聞き、実験やワークには積極的に参加し、たくさんの発言をしてくれました。家電製品が多すぎないか、もっと工夫して使えないかなど、省エネのための行動・アイデアをたくさん考えてくれました。

今後、学校や家庭での節電行動に繋げてもらえると嬉しいです。

今日は3クラス授業がありましたので、授業後、給食を一緒にいただき、お昼休みは鬼ごっこやドッジボールをして一緒に遊び、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

北条小学校にて温暖化授業を実施!

9月7日(木)大東市立北条小学校において4年生を対象に大阪産業大学の学生による地球温暖化についての授業を実施しました。

温暖化のメカニズムの説明の後、6班に分かれて、実際に手回し発電機による発電体験、そして省エネを考えるワークと盛りだくさんの内容です。

大学生のお兄さんお姉さんによるテンポの良い授業に、子ども達も飽きることなく授業に参加していました。

最後の振り返りでは、今回の授業のキーワードもきっちり理解してくれており、充実した45分間になりました。

今日の授業を活かし、今後の節電行動に繋げてもらえることを期待しています。

 

 

 

 

 

第4回打ち合わせ(大阪産業大学)

 

 

 

8月31日(木) 大阪産業大学において小学校での温暖化学習実施に向けた第4回打ち合わせを行いました。

前回演習の反省点を踏まえ、改善した内容での模擬授業を実施しました。

小学校の授業は1授業が45分しかありません。

いつも90分の講義を受けている大学生たちにとってとても短く感じます。

こども達が退屈しないように興味を引きつつ、伝える内容を精査して、45分で収まるように授業を組み立てます。

もっとこうしよう!ここをこう変えて!など、様々な指導・指摘を受けつつ、すぐに改善・対応して、よりわかりやすい、より洗練されたプログラムを作成してくれています。その対応の早さはさすがです!!

来月9月の授業に向けて、いよいよ大詰めです。

 

第3回打ち合わせ(大阪産業大学)

 

 

8月21日(月) 大阪産業大学において小学校での温暖化学習実施に向けた第3回打ち合わせを行いました。

先週14日に第2回目の打ち合わせが行われ、授業内容などのカリキュラムの大筋が決められていましたので、今日はシナリオに沿って、ざっくりと一通り授業の流れを演習しました。

大阪府温暖化防止活動推進センター田中さんや大阪産業大学花田教授に要点やポイントをチェックしていただき、限られた授業時間の中で伝えなければならないこと、伝え方、ストーリーの組み立てなどを確認しました。

こども達が興味を持てるように、退屈しないようにしつつ、遊びで終わることなく、地球温暖化についてきちんと学べるように、大学生のみなさんがアイデアを出し合って考えてくれています。(夏休み中ですが、一生懸命頑張ってくれています!!)

来月9月には、いよいよ実際の授業が行われます。

授業の成功に向けて、さらに磨きをかけていきます。

 

第1回打ち合わせ(大阪産業大学)

 

 

7月10日(月) 大阪産業大学において小学校での温暖化学習実施に向けた第1回打ち合わせを行いました。

子ども達に正しい知識を伝えることができるよう、大阪府地球温暖化防止活動推進センターの職員の指導の元、先生になる大学生もきちんと学びます。

・正しい知識を伝えること 

・分かりやすい伝え方と伝えるポイント 

・興味、関心の引き方

・言葉の選び方 等について確認しました。

子ども達にきちんと学習してもらえるよう頑張っています。

 
お問い合わせ先

市民生活部 環境課
・環境対策グループ
電話番号072-870-4014 ファクス072-870-9608
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年12月1日