振り込め詐欺にご注意!

市役所や社会保険庁などの職員を装った振り込め詐欺にご注意ください。
 「医療費を還付します」、「保険料を還付します」などと電話があり、巧みな誘導で金融機関などのATM(現金自動預払機)を操作させ、現金を振り込ませる手口の振り込め詐欺が発生しています。

  市役所などの行政機関が還付手続きで、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることはありません。
 こうした電話があれば、電話の相手の所属部署と名前を確認し、市役所などの各担当部署へお問い合わせください。

 

  また最近、警察官を装った振り込め詐欺が多発しています。
 「○○警察の者」と電話があり、言葉巧みに暗証番号を聞き出し、次に銀行関係者を名乗る者が自宅に訪問してきてカードをだましとる手口です。

 警察官や銀行が電話で暗証番号を聞いたり、訪問してキャッシュカードを預かったりすることはありません。
 こうした電話があれば、警察に通報してください。

 

被害にあわないために

  • 本人や関係行政機関に連絡し、事実かどうか確認しましょう。
  • 子どもや孫などの身内を名乗って振り込みを要求してきたときは、家族にしか分からないことを質問しましょう。
  • 振り込む前に、家族や警察署、役所の相談窓口に相談しましょう。
  • ATMを操作する前に、銀行職員などに相談しましょう。
  •  
    お問い合わせ先

    市民生活部 生活安全課

    電話番号072-870-4010 ファクス072-870-7732
    〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
    メールフォームによるお問い合わせ

    更新日:2019年11月8日