個人情報の流出に注意

相談事例

 アンケートに応じたある企業から、個人情報が流出したとのおわびの手紙が送られてきた。最近、出会い系サイトなどの迷惑メールがたくさん届くようになったのはそれが理由だろうか。

 

アドバイス

 個人情報がどこから流出したか特定することは非常に難しく、一度流出したら取り戻すことは困難です。

 事業者側の問題としては、

 
  ・セキュリティ対策上のミス
  ・従業員による人的ミス
  ・意図的に持ち出し売却

 

などが挙げられますが、その他にも、自分で登録したウェブサイトや通信販売業者から情報が流れることもあります。
 情報を入手した業者が何を言ってきても、必要のない勧誘ははっきり断り、覚えのない請求には応じないことが大切です。

 不審な請求を受けた時は、消費生活センターにご相談ください。

 困った時は一人で悩まず、気軽にご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年7月2日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当