お気に入りの合皮のハーフコートがボロボロに!?

相談事例

 3年前に購入した合成皮革のハーフコート。今年着用しようと見てみたら襟の部分がボロボロになっていた。

 

アドバイス

 合成皮革に使用されているポリウレタン樹脂が空気中の水分などで分解(加水分解)し、劣化したことが原因です。ボロボロと剥げてきたり、べとべとになったりすることもあります。
 
 襟の部分は汗や皮脂が付着するため劣化が進みやすい部分です。ポリウレタン樹脂の経時劣化は避けられない現象で、その寿命は一般的に2〜3年ほどとされています。
 
 衣料品の購入時にはタグに書かれている素材や注意事項を確認してから購入するようにしましょう。
 
 困った時は一人で悩まず、気軽にご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年7月2日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当