賃貸住宅を出る時にご注意!(2)~喫煙によるクロスの張り替え~

相談事例

 1年半住んだ賃貸アパートを出る際に、クロスの張り替え費用を請求された。喫煙の習慣はあったが、部屋を傷つけたり、汚したりはしていない。払わないといけないのか。

 

アドバイス

 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、自然的な劣化・消耗などの経年変化や、入居者の通常使用による損耗は、家主が回復費用を負担するのが原則です。 
 しかし、喫煙のために生じたクロスのヤニによる変色や臭いの付着などは、通常の使用を超えるものとして、入居者負担とされる場合が多いと考えられます。 
 他にも、結露を拭き取るなどの手入れを怠り、シミやカビ汚れが拡大した場合は、入居者も相応の負担を負うことになります。 
 入居者は、建物や設備を他人のものとして、注意を払って住む義務があります。 
 困った時は一人で悩まず、気軽にご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年7月2日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当