強化ガラス製鍋ぶたの取り扱いにご注意を!

相談事例

 中身の見えるガラスぶたがセットになったステンレス鍋で調理していたら、突然ガラスぶたが破裂してバラバラになった。危険ではないか。

 

アドバイス

 強化ガラスは普通のガラスに比べて強度が高いのですが、表面についた小さな傷などがきっかけとなって、一瞬にして細かく破損する性質があります。

 製品には、家庭用品品質表示法に基づき、ガラスの強化の種類や次のような取り扱い上の注意が表示されています。

  • 急激な温度変化や衝撃を与えたり、傷が付くような取り扱いは避ける。
  • 鍋の大きさに合ったものを使用し、ふたが直接熱せられないようにする。
  • ガラスを傷付ける恐れのあるクレンザーや金属たわしは使わない。

 飛び散ったガラスの破片が体に当たると場所によっては重症事故となるので、使用前に表示をよく確認し、適切に取り扱うことが大切です。 

 困ったときにはひとりで悩まず消費生活センターにご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年7月2日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当