プロバイダ変更を遠隔操作で!?

相談概要

 プロバイダを変更すればインターネットの料金が安くなると電話があり了承。指示されるままに自分のパソコンを立ち上げて数回クリックした。「あとはこちらでやります」と言われてパソコンのそばを離れている間に、承諾していないリモートサービスやセキュリティサービスなどのオプション契約が付けられており、これまでの契約よりも高額になった。

 

アドバイス

 業者からの電話勧誘を受け、よく分からないままにパソコンを“遠隔操作”され、承諾していない契約を結ばされたというトラブルが寄せられています。
 
 遠隔操作されると自分で契約内容をしっかりと読むことができないまま、業者が画面操作を進めてしまいます。自分で設定するのが難しいからと安易に遠隔操作させないようにしましょう。
 
 プロバイダの契約にはクーリングオフ制度が適用されません。契約内容が理解できなければ契約はきっぱりと断りましょう。
 
 困ったときには一人で悩まず消費生活センターにご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2014年8月6日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当