昔買った土地が高値で売れる!?

相談概要

 30年前に夫が購入した山林を購入したい人がいる、と電話があった。土地を売るには測量が必要と言われ、その費用として30万円掛かると説明されたが信用できるか。

 

アドバイス

 将来値上がりする見込みのほとんどないような山林や原野を、必ず値が上がると言って販売する手口を「原野商法」と言います。過去にこの原野商法の被害に遭った消費者に対し、測量サービスを新たに契約させる二次被害が増えています。

 「高値で売却できる」などと言われてもうのみにせず、その土地の所在する自治体に土地の状況を問い合わせるなどして情報を集め、少しでも不審な点があればきっぱりと断りましょう。

 訪問販売や電話勧誘販売では、消費者が契約を断った後の再勧誘は禁止されています。「お断りします」「必要ありません」など、はっきりと断る意思表示をすることが大切です。

 断り切れずに契約してしまった場合には、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリングオフできます。

 困ったときには一人で悩まず消費生活センターにご相談ください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2015年1月29日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当