「プリペイドカード(プリカ)」の購入を指示する詐欺業者にご注意!!

相談概要

スマホで無料のアダルトサイトを見ようとしたら「登録完了」となった。登録した覚えがなかったので、業者に連絡したが、取り合わないため、言われるままコンビニで10万円分のプリカを買い、発行番号を知らせた。

 

アドバイス

コンビニや量販店などで手軽に購入できるプリカには、その価値がカード自体ではなく発行会社のサーバに記録されている「サーバ型」のものがあり、架空請求などの支払いに悪用される事例が増えています。

プリカに記載された発行番号を相手に伝えるだけで、価値を譲ったことになります。詐欺業者の所在地や連絡先は特定されにくく、被害の回復は困難です。

万が一、番号を業者に伝えてしまった場合は、早急にプリカの発行会社に連絡をしてください。詐欺業者が使う前に使用を停止することが可能な場合があります。

身に覚えのない請求を受けた場合などは、すぐに業者に連絡せず、消費生活センターに相談してください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2015年11月4日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当