ポイントカードのつもりがクレジットカードの申し込みに!?

相談概要

家電量販店で買い物した際に「長期修理保証やポイントが付く」と勧められ、ポイントカードだと思って作ったカードはクレジット機能がついていた。不要なので解約したい。

 

アドバイス

家電量販店やガソリンスタンドなどの店頭で、特典の付くポイントカードを申し込んだつもりが、クレジットカードが送られてきたという相談が寄せられています。

クレジット機能付きポイントカードは特典が優遇される反面、年会費が発生したり、決済機能があるため保管などにも注意が必要です。

店頭でカード入会の勧誘をされた時は、サービス内容や年会費、会員サービスの失効などについて詳しい説明を求め、自分にとって必要なサービスかどうかをしっかり検討し、不要だと思う場合はきっぱりと断りましょう。

なお、クレジットカードを解約すると、長期修理保証やポイント特典などのサービスも失効してしまう場合が多いので、よく考えて決める必要があります。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2016年12月19日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当