通信販売の返品特約とは

相談事例

 スマートフォンからサプリメントを申し込んだ。代金が安くなり、使用後も返品が可能というので定期購入にした。飲んでみると体に合わないため、返品しようと電話しているが、いつも話し中でつながらない。

 

アドバイス

 通信販売にはクーリング・オフ制度はありません。自己都合での返品が可能かどうか、返品期間や送料負担などについては、返品特約の記載に従うことになります。返品特約の表示がない場合は、商品到着後8日間以内であれば、送料を負担して返品ができます。

 使用後の返品が可能と書かれていても、実際には細かな条件が設定されている場合が多いので、内容を確認しておくことが大切です。

 また、電話が混みあっていてつながらず、期間内に申し出られなかったという苦情もあります。

 解約や返品のルールは注文前にしっかりと確認し、画面を保存して残しておくとよいでしょう。

 
お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2019年6月5日

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当