新聞契約トラブル最新情報!

相談概要

事例1

 複数の新聞を順番に契約しているが、契約期間が重なっていたり、10年後から始

まるものもある。目の手術をして新聞が読みづらくなったので、解約したい。

 

事例2

 10年間の購読を条件に、景品の電動自転車を受け取り契約した。1年後に解約を

申し出ると、解約料と電動自転車の代金を請求された。

 


アドバイス

 長期契約や購読開始時期が何年も先の契約、高額な景品の提供などの相談が

増加しています。訪問販売では、無条件で契約を解除できる期間は契約書を受け

取ってから8日間で、その期間を過ぎると話し合いによる解決となります。

 景品表示法では景品の上限額が定められており、「新聞購読に関するガイドライ

ン」では、購読が困難になる考慮すべき事情がある場合には、解約に応じるべきと

されています。

 長期にわたる契約は、健康上あるいは経済上の事情が変化することもあるので

避けた方が良いでしょう。景品に惑わされず、自分に合った契約を選びましょう。

お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当