消火器の悪質な訪問販売にご注意!!

相談概要
 「消防署の方からの消火器点検」と言って訪ねてきたので応じた。耐用年数を過ぎているので交換が必要と言われた。消防署と思い言われるまま新しい消火器を購入してしまった。


アドバイス
 消防署職員を装ったり、消防署の依頼であるような印象を与え、消火器の購入を迫る訪問販売が後を絶ちません。消防署では消火器を販売することはありません。
 消火器には使用期限が表示されています。「交換」などと言われた場合は、表示を確認してください。また、一般の住宅に消火器設置の推進を行っていますが、設置の義務はありません。設置や交換の判断は、自分でよく考えて行いましょう。
 契約をしてしまった場合は、訪問販売に該当しますので、契約書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフ(無条件で契約解除)ができます。クーリング・オフ期間が過ぎていても契約の取り消しができる場合もあるので、分からないことがあれば消費生活センターにお問い合わせください。
 

お問い合わせ先

市民生活部 生活安全課

消費生活センター
電話番号072-870-0492 ファクス072-870-7732
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所東別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

生活安全だより
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当