窓口における混雑緩和にご協力ください

   休日明け、お盆等は窓口が大変混雑します。

  最近の大阪府内における新型コロナウイルス感染者の増加により、先日、大阪府新型コロナ警戒信号の黄色が点灯しました。

  大東市においても7月以降、感染者が増加しています。

  感染症予防対策に努め、あなたの大切な人のためにうつさないうつらないをこころがけましょう

 市民課では、お手続きにお越しになった皆さまの安全に配慮すべく、全職員のマスク着用、飛沫感染防止のためのアクリルボードおよびビニールカーテンの設置、記載台の消毒、お待ちいただく際のソーシャルディスタンスの確保など感染防止策に努めておりますが、これらの取り組みは、市役所の職員だけではなく、ご来庁される皆さまのご協力があってはじめて十分な効果発揮につながります。

  感染予防対策として、窓口混雑時をなるべく避け、来庁せずにできる手続きを利用していただいたり、休日窓口や夜間窓口をご利用いただき、混雑の緩和にご協力いただきますようお願いします。

 

手続きについて

転出届について

 届出は窓口で行うことが原則ですが、郵送での届出も可能となっております。

 郵送での転出届もご利用ください。詳しくは、下記のページから手続き方法をご覧ください。 

「郵送による届出」

 必要書類をそろえていただき、市役所市民課へ郵送してください。

 なお、転入先の市役所や区役所への転入のお手続きは、お引越し後14日以内の届出が必要とされておりますが、現在の状況を考慮し、当分の間は、緩和されています。

 

転入届、転居届の届出期間について

 転入届、転居届については、住民基本台帳法により住み始めてから14日以内に届け出する必要があるとされています。

 このたび、新型コロナウイルス感染症予防のため、市役所への来庁を避けたことにより、届出期間を経過してしまった場合については、住民基本台帳法上の「正当な理由」に該当し、期間内の届け出と同様の取扱いを行うことが可能となりました。

 住所異動に伴って発生するその他の手続きも含め、届け出を急ぐ必要がない場合は、混雑時の来庁を避け、届け出にお越しいただきますようご協力よろしくお願いいたします。

 

各種証明書の交付請求について

 来庁せずに証明書の交付請求する場合は、次の方法で行うことが可能です。

・市役所に必要書類を郵送する。詳しくは下記のページをご覧ください。  

 「各種証明書の郵送請求」

 

・証明書のコンビニ交付について

 マイナンバーカードをお持ちの方は、証明書をコンビニでもお取りいただける場合があります。詳しくは証明書コンビニ交付サービス(コンビニ交付)のページをご覧ください。

 

マイナンバーカード(個人番号カード)について

マイナンバーカードの交付

 マイナンバーカードの交付準備ができた方に、受取期限を記載した交付通知書をお送りしておりますが、当分の間は、受取期限を超えても受け取ることができることとします。お急ぎでない場合は、市役所の繁忙期(休日明け、お盆等)を避けてお越しください。

マイナンバーカードの継続利用(転出予定日を30日経過した場合の取扱い)

 マイナンバーカードを所持している人が転出届をしたものの、転出予定日を30日経過しても届出を行わなかった場合は、マイナンバーカードは失効することとされています。この場合でも当分の間は、転出予定の60日までは、マイナンバーカードを失効させず、マイナンバーカードの継続利用の手続きができます。

マイナンバーカード電子証明書の有効期限をむかえる方について

 有効期限を過ぎた場合にはコンビニ交付等に使えなくなりますが、有効期限を過ぎても更新することはできます。お急ぎでない方は、市役所の繁忙期(休日明け、お盆等)を避けてお越しください。

 

役所の勤務時間外(土曜日・日曜日、祝日も含む)における戸籍の届出について

  宿日直預かりになりますので後日改めて戸籍の担当者が届出書類を審査し、適法なものと判断さ れれば届け出した日付で受理決定がされます。また、軽微な修正などがある場合には連絡を入れる事がありますので、必ず 届出書には連絡先の電話番号を書いてください。

 
お問い合わせ先

市民生活部 市民課

市民情報グループ
届出受付グループ
証明発行グループ
電話番号072-870-4011 ファクス072-870-9602
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年10月16日