法人市民税の申告・納付等の期限延長について【4月16日更新】

法人市民税の申告・納付等の期限延長について

新型コロナウイルス感染症の影響により、その期限までに法人市民税の申告・納付ができないやむを得ない理由がある場合には、下記の方法により、期限の個別延長が認められます(大東市市税条例第18条の2第3項)。

延長期限を指定して申請される場合は、次の様式にて、やむを得ない理由がやんだ後、速やかに申請してください。

災害等による期限の延長申請書【法人市民税】(PDF:142KB)

また、次の簡易な方法によっても、期限の延長申請ができます。
(この場合には、延長期限の指定はできません。)

電子申告(エルタックス)で申告書を提出される場合

法人名称に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

この場合の申告期限及び納付期限は、原則として申告書の提出日となります。

書面で申告書を提出される場合

申告書に記載の法人名称に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

この場合の申告期限及び納付期限は、原則として申告書の提出日となります。

参考リンク

【国税庁】新型コロナウイルス感染症に関する対応等について

【大阪府】新型コロナウイルス感染症に係る府税の申告・納付等の期限延長について

お問い合わせ先

総務部 課税課
税制グループ
電話番号072-870-9646 ファクス072-870-9262

〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所議場棟1階
メールフォームによるお問い合わせ