コンビニ収納について

平成22年度当初課税分から固定資産税・都市計画税、市・府民税(普通徴収分)がコンビニで納められます

 

大東市では、軽自動車税のコンビニ収納に続き取扱税目を拡大し、納税者の利便性向上のため、24時間いつでも納付が可能なコンビニ収納を固定資産税・都市計画税及び市・府民税(普通徴収分)においても開始します。休日・深夜はもちろん、全国のコンビニエンスストア(ご利用いただけるコンビニエンスストア参照)で納付できます。ぜひご利用ください。

 

取扱できる税金

市・府民税(普通徴収分)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税 

コンビニで納付される場合

・バーコード付きの納付書を利用して現金で納めてください。

・支払い手数料はかかりません。

・納付の際は、納付書に記載されている期別と納期限をよくお確かめの上、納付する分の納付書だけを提示し納付してください。(期別の順番にご注意ください。)

・送付された封筒のまま提出されると取り扱いできません。

 

このような場合はコンビニで納付できません

・バーコードの印字のないもの(各期別の納付額が30万円を超える場合等)は、コンビニではご使用なれません。金融機関、または近畿2府4県の郵便局で納めて下さい。

・バーコード部分が傷・汚れなどにより読み取れない納付書はコンビにでは使用になれません。

・金額を訂正したものや、金額を書き加えた納付書ではコンビニで納められません。

・一枚ごとの納付書をホッチキスなどで留めるとコンビニでは納付できません。

・納期限をすぎると、コンビニではお取扱できません。

 

ご利用いただけるコンビニエンスストア

セブン-イレブン、ローソン、サークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、コミュニティ・ストア、セーブオン、MMK(マルチメディアキオスク端末)設置店

 

コンビニ納付書見本 

更新日:2018年5月17日