緊急事態宣言延長にともなう「放課後児童クラブ」の減免について

令和2年4月7日に緊急事態宣言が発令され、本市では市民の皆さまの安全を守るため、放課後児童クラブの通所自粛を要請しておりました。皆さまのご協力により、現在では利用率が20%台まで減少しました

この度、5月4日の緊急事態宣言の延長に伴い、皆さまの安全確保・児童の密集防止・支援員の負担軽減を図るためにも、引き続き通所自粛を強くお願いいたします

放課後児童クラブを利用される皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染拡大防止対策が長期化するなか、臨時支出や減収による経済的負担が生じていることから、今回、利用者の皆さまの負担軽減を図る目的から、5月から臨時休校終了月までの間、以下のとおり減免措置を実施いたします

 

減免措置および通所申請

減免実施期間に放課後児童クラブ通所が必要な場合には、「利用申出書」(Word様式)をご提出ください。

減免料

児童クラブ使用料および実費費用(おやつ代、教材費)の全額

期 間

令和2年5月分(臨時休校終了月まで実施)

対象者

放課後児童クラブに登録されている全世帯

提出先

ご利用の放課後児童クラブ

 

市からの自粛要請文書(勤務先等への提出用)

事業者の皆さまには、在宅勤務や自宅待機などのご配慮をいただいております。

保護者の方が勤務先等より市からの自粛要請文書の提出を求められた場合は以下の「市長からの自粛要請メッセージ(PDF)」をご利用ください。

 

 

  • このほか、何かご不明な点等ございましたら、下記の生涯学習課青少年グループまでお問い合わせください。
 
お問い合わせ先

生涯学習部 生涯学習課

文化財グループ
電話番号072-870-9105 ファクス072-870-9687

青少年グループ・文化・生涯学習グループ
電話番号072-870-9686 ファクス072-870-9687

〒574-0076 大阪府大東市曙町4番6号 市民会館内5階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年5月25日