抽選申込パターン解説

新しい公共施設予約システムでは、1回の抽選申込で複数の部屋(室場)を申し込むことができます。抽選申込の内容により、抽選結果の内容も変わりますので、希望する利用方法に応じてお申し込みください。

生涯学習センターを例に、抽選申込パターンを解説します。

 

単独抽選申込

1つの部屋の1区分ごとに抽選対象とする場合は、利用を希望する1区分を申し込みます。

 


単独抽選申込パターン1

12月1日の「多目的室(全体)」の午前区分を利用したい。

 

単独抽選申込パターン1 

⇒ 利用を希望する1区分のみを申し込みます。

 

結果(1) 当選

仮予約となりますので14日までに料金をお支払いください。

結果(2) 落選

当選者による仮予約の取り消しがあれば、15日からの2次予約(先着)で仮予約することができます。

 


単独抽選申込パターン2

12月1日または12月2日のいずれかで、「多目的室(全体)」の午前区分を利用したい。両方当選したら、もう一方は辞退する。

 

単独抽選申込パターン2-1 

単独抽選申込パターン2-1 

⇒ 利用を希望する「12月1日」と「12月2日」を1区分ずつ別々に申し込みます。

 

結果(1) いずれか一方が当選

仮予約となりますので14日までに料金をお支払いください。

結果(2) 両方とも当選

利用する一方について、14日までに料金をお支払いください。他の利用者がキャンセル待ちをされていますのでので、利用しないもう一方は、速やかに仮予約の取り消しを行ってください。

結果(3) 両方とも落選

当選者による仮予約の取り消しがあれば、15日からの2次予約(先着)で仮予約することができます。

 

同時抽選申込

複数の部屋や区分を抽選対象とする場合は、利用を希望する部屋や区分を同時に申し込みます。

 


同時抽選申込パターン1

12月1日の「多目的室(全体)」の全日(午前・午後・夜間区分)を利用したい。

 

同時抽選申込パターン1 

⇒ 利用を希望する3区分を同時に申し込みます。

 

結果(1) 当選

仮予約となりますので14日までに料金をお支払いください。

結果(2) 落選

当選者による仮予約の取り消しがあれば、15日からの2次予約(先着)で仮予約することができます。

 

 


同時抽選申込パターン2

12月1日の「多目的室(全体)」午前区分と、控室として「ルームA」午前区分を同時に利用したい。

 

同時抽選申込パターン2 

⇒ 利用を希望するそれぞれの部屋の1区分を同時に申し込みます。

 

結果(1) 当選

仮予約となりますので14日までに料金をお支払いください。

結果(2) 落選

当選者による仮予約の取り消しがあれば、15日からの2次予約(先着)で仮予約することができます。

 

ご注意

  • 各施設の抽選申込件数の範囲内で色々な方法を組み合わせて申し込むことができます。
  • 複数の部屋や区分を同時に申し込んだ場合は、同時抽選申込となり、一括で当選または落選となりますのでご注意ください。
  • 同一時間帯の複数の部屋の利用を制限している施設もありますので、予約前にご確認ください。
 

更新日:2017年9月20日