大東元気でまっせ体操

テレビ・新聞でも注目の「大東元気でまっせ体操」。

(新聞掲載はこちら→大阪日日新聞 (PDF:305.3KB)、雑誌掲載はこちら→市政 (PDF:843.1KB)

 

この体操の持つさまざまな効果をご紹介します。 

 

→厚生労働省のホームページでも「大東元気でまっせ体操」が紹介されています

 

元気でいたいけど・・・

 いつまでも元気で暮らしたい、その気持ちはだれでも同じですよね。
 でも、そのために何かしている人は案外少ないのではないでしょうか。
 何歳になってからでも「遅すぎる」ことは決してありません。
 明日も数年後も元気でいられるように、できることを今日からやっていきましょう!

 

ご近所さんみんなで元気に!

元気でまっせ体操(立位)の様子 

 でも何をしたら良いの・・・?という方へ。

 大東市のオリジナル体操、「元気でまっせ体操」をしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 この体操には、座ってする体操、立ってする体操、寝てする体操、の3パターンがあり、ご自身の状態に合わせて、効果的な運動ができるように考えられています。

 どんな体操も継続が大切ですが、なかなか一人では続かないものです。その点も「元気でまっせ体操」なら心配ご無用!大東市内では現在「元気でまっせ体操」を定期的に(主に週1回)実施している市民グループが80団体を超えています。(実施場所については、高齢支援課、またはお住まいの地域の地域包括支援センターへご連絡ください。)

 

 

継続実施グループには特典あり

 

 体力測定などの実施(半年に一度)

 結果から、体操の効果を実感できます!

 

 

 

新規グループにも特典あり

 体操継続グループにはビデオテープ、DVDのいずれか1本をプレゼント

 

 大東市民10名以上で週1回程度継続して「大東元気でまっせ体操」を新たに開催するグループには専門スタッフを3回まで派遣

 

そして、さらに!

 運動だけでなく、お友達や仲間と集まっておしゃべりしたり笑ったりと、元気度アップさせる要素が満載です。みんなで楽しみながら元気になりましょう!

 

問い合わせ殺到!「大東元気でまっせ体操」が新聞で紹介されました

「大東元気でまっせ体操」を知りたい方は、下記の知りたい項目をクリックしてください。

 

 

なお、この「大東元気でまっせ体操」のDVD、CDを市民の方にはどれでも1つ300円、民間事業所および市外の方には1つ1,000円(郵送料込み)で作業所チューリップハウスで販売しております。

お問い合わせは高齢支援課までお願いします。

 

転倒はなぜ怖いか

 転倒(転ぶこと)は心理的にも身体的にも大きなダメージを残します。
 
 心理的なダメージとは?
 たとえば、転んでしまったあとに「また転んだらどうしよう」と不安になり、自信をなくすことです。それが原因で外出を控えるようになってしまうと、家の中だけで過ごしがちになり、足腰はさらに弱くなっていき、ここから悪循環が始まってしまいます。

 では、身体的なダメージとは?
 たとえば、高齢者に多いのが「大腿部頸部骨折(だいたいぶけいぶこっせつ)」です。これは太ももの上部の骨が折れてしまう骨折です。この骨折をすると入院し手術が必要で、何日かは寝たままの生活を送ることになります。その間に筋力が落ち、刺激の少ない環境で体力、気力が低下してしまうこともあります。
 そして骨折は治っても、1年後、その3割の方に歩行障害が残るというデータがあります。また、転倒骨折が原因で介護が必要になる状態になることも多く、要介護状態の原因第3位になっています。

 

転ばないためには

 転ばないためにできることはなんでしょう?
 家の中に手すりをつけたり、つまづきそうなものを足元に置かない、など住環境の整備や足に合った靴を履くのも良い工夫です。でも、根本的にはやはり「転ばない体をつくる」ことが最良の方法です。

 
お問い合わせ先

保健医療部 高齢介護室

・包括支援担当
 電話番号072-870-9065 ファクス072-872-8080
・一般高齢支援担当
 電話番号072-870-0472 ファクス072-872-8080
・介護予防担当
 電話番号072-870-0513 ファクス072-872-8080
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所西別館2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年2月27日