老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度(経過措置)

平成30年4月受診分から福祉医療がかわりました

 平成30年3月31日で老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度が終了しました。ただし、平成30年3月31日時点で老人医療証をお持ちの方につきましては、平成33年3月31日まで経過措置があります。(所得、資格要件等で資格がなくなった方は、その時点で終了となります。)

*平成30年4月以降に資格の要件に該当しても、老人医療の対象ではありません。

 

 

対象者

 65歳以上で、次のいずれかの条件を満たす人が対象です。ただし、所得制限があります。

(1)感染症法(第37条の2)に基づく結核に係る医療を受けている人

(2)障害者総合支援法に基づく精神通院医療を受けている人

(3)特定疾患を有する人のうち、次の要件に該当する人

  ●平成26年4月1日時点の特定疾患治療研究事業実施要綱に規定する疾患(56疾患)のうち、平成27年1月1日以降に国の難病としての公費負担医療の対象となる疾患(66疾患)を有する人

※平成27年1月1日から国の難病としての公費負担医療の対象疾患が110疾患に拡充されましたが、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度の対象となる疾患は、旧制度と新制度の両方の対象となっている疾患に限られ、平成27年1月から新たに国の公費負担医療の対象となった疾患については、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度の対象ではありません。

 

助成内容

 病気やケガの治療を受けた場合、保険適用される医療費、訪問看護利用料の自己負担(一部自己負担を除いた)分(高額療養費、付加給付による療養費は控除)を助成します。ただし、他府県の医療機関で受診されていた場合等は、いったん立替払いをしていただき、その後、市の窓口で申請してください。

 また、入院時の食事に要する費用は自己負担となります。

 

一部自己負担額

1医療機関あたり入・通院各500円まで/1日。助成対象者1人当たりの負担限度額を1か月 あたり3,000円とし、1か月3,000円を超えてお支払をいただいた医療費についてはお返しします。(口座登録をしていますと、自動的に登録された口座にお返しします。)

 
お問い合わせ先

福祉・子ども部 福祉政策課
・医療助成グループ
電話番号072-870-9626 ファクス072-872-2189
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所西別館1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年2月21日