平成22年7月撮影

 

 

安全を考える日セレモニー

  • カバーをつけてひったくり予防
  • 安全なまちづくりについて話す市長

7月1日にJR住道駅前デッキで安全を考える日のセレモニーが行われました。生活安全条例に定められている「安全を考える日」。安全について考えようと防犯委員会の皆さんを中心に啓発活動が行われました。安全なまちづくりのために、市民・市・警察が一体となって取り組んでいます。犯罪に遭わないためには、一人一人が安全意識を高めることが大切だと感じました。 

 

深北緑地の七夕縁日

  • よーく狙って

7月4日に深北緑地で七夕縁日が行われました。子どもから大人まで多くの人でにぎわいました。無料で配られたポップコーンをほおばりながら縁日を楽しむ人もいました。ヨーヨー釣りや輪投げに子どもたちが夢中になって挑戦しました。輪投げでは、一番得点の高いところに輪が入って大喜びする子がいたり、中国ごまやけん玉などのパフォーマンスを楽しむ人がいたり、梅雨の晴れ間にたくさんの笑顔がこぼれていました。 

 

ヒマワリ満開

  • 元気に咲いています

7月5日に四条中学校の正門横のフェンス沿いに植えたヒマワリが満開になりました。梅雨の合間の久しぶりの晴天にヒマワリも喜んでいるようです。以前は砂地だった場所を整備して、4月に種をまいたところ、6月下旬から花が咲き始め、学校前を通る人たちの心を和ませています。 

 

大東七夕星まつり

  • 願い事がかなうといいな

7月7日にJR住道駅前デッキで大東七夕星まつりが行われました。ダンスやバンド演奏などが披露されてにぎわいました。主催の大東商工会議所が設けた短冊を書くコーナーでは、子どもも大人も思い思いに短冊に願い事を書き、笹に飾り付けていました。

 

中国の修学旅行生と交流

  • どうしたら、鶴の折り方が伝わるかな

7月14日に住道中学校で中国の修学旅行生との交流会が行われました。中国四川省にある中国成都市七中育才学校の生徒約60人が、日本文化を学ぶため日本を訪れました。その中で住道中学校を訪問し、1年生と交流しました。住道中学校の生徒は、トランプの遊び方や折り紙で鶴を折る方法を身振りで教え、中国の生徒もそれを理解しようとし、互いが意思を疎通させようと一生懸命でした。ある中国の生徒は「言葉が通じないところは不便だったけど、身振りとかでだんだんと伝わってきた。日本の子と交流できて楽しかった」と話していました。
 

 

校庭の一部を芝生化

  • 緑の芝生
  • 緑の芝生
  • 緑の芝生

 7月12日から四条北小学校の校庭の一部が芝生になって開放されました。元気に走り回る子どもたちは「転んでも全然痛くないよ」と話していました。暑い日差しの中、子どもたちはふかふかの芝生の上で、跳ねたり、転がったりして感触を楽しんでいました。

 

こども陶芸教室

  • どんな作品ができるかな
7月21日に総合文化センターでこども陶芸教室が行われました。子どもたちは、粘土の感触を確かめながら、お皿や湯のみ、小物入れなどを思い思いの形に作り上げていきました。一人で作る低学年の子もいて、みんな真剣。形が出来上がると、完成後の焼き色を決めました。参加した一人は、「いろいろな物を作るのが大好き。早く出来上がらないかな」と話していました。 

アクロスdeサマーフェスタ

  • うまくできたかな

7月25日にアクロスで、アクロスdeサマーフェスタが開催され、二足歩行ロボットの操縦体験や木箱オルゴール作りなどの工作教室が行われました。立体切り紙に挑戦するコーナーにはたくさんの親子が参加し、紙をはさみで切ると、一枚の紙から躍動感あふれる立体のきつねやうさぎが出来上がり大喜びでした。

 

口笛検定

  • 難しい課題に挑戦
7月25日に文化情報センターで口笛検定が行われました。この検定はパソコンで音色などの判定を行う検定で、口笛の吹き方によって初級・中級と難易度が分かれていました。普段口笛を吹かない人には難しく、音が出なかったり、息継ぎがうまくできずに苦戦している人の姿も。中級に合格した人の口笛は、音がとても安定していて、口笛とは思えないほどきれいな音色でした。 

初級パソコン体験講習会

  • パソコンで文字を入力

7月28日にシルバー人材センターで初級パソコン体験講習会が行われました。受講の目的はパソコンを使う必要があったり、楽しみの一つとして挑戦したりとさまざまですが、受講者たちはキーボードに触れながら、積極的に質問をして一生懸命に取り組んでいました。受講者の一人は「試行錯誤しながらですが、少しずつできるようになっていくのがとても楽しいです」と話していました。 

 

市長と語るまちづくり座談会

  • みんなで座談会
  • いろいろな意見が出ました
7月29日に北条西小学校で「市長と語るまちづくり座談会」が行われました。岡本市長と北条地区の学校に通う小・中学生13人が「北条のまち自慢」をテーマに座談会を行いました。北条小学校、北条西小学校、北条中学校の代表として出席した児童・生徒は、北条の自慢として、豊かな自然があることや地域で行うお祭りが盛り上がること、下校時の子どもたちを守るためにボランティアの人がパトロールしてくれていることなどを元気な声で発表していました。 

親子ヨガ

  • 両手を伸ばしてポーズ
7月31日にまなび泉で親子ヨガが行われました。場所を取らず、気軽にできるヨガ。親子一緒に楽しくスキンシップを取りながら体を動かします。子どもたちは、想像力を働かせながら、いろいろなヨガのポーズをしようと、暑さに負けず元気いっぱいがんばっていました。 

 

 
お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・広報広聴グループ(広報広聴担当)
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年12月22日

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当