平成25年10月撮影

「大東市マナー条例」街頭啓発活動

  • 啓発グッズを配布するスタッフ
  • 通行人らと記念撮影するダイトン

 10月1日~6日に市内3駅(住道駅・野崎駅・四条畷駅)駅前で「『大東市マナー条例』街頭啓発活動」が行われました。

 空き缶やたばこの吸い殻のポイ捨てをはじめとしたマナーに反する迷惑行為の防止と、マナーの向上に関する基本理念を定めた「大東市マナー条例」が、10月1日に施行されました。ダイトンも参加した街頭啓発活動では、握手や写真撮影で市民の皆さんと触れ合いながら、条例の施行をお知らせしました。

 

子どもサッカースクール

  • いいボールがきたぞ
  • このままシュートに持ち込むぞ

 10月4日に歴史とスポーツふれあいセンターで「子どもサッカースクール」が開催されました。学年に分かれて行われたミニゲームでは、高学年チームはボールさばきも軽快に迫力あるゲームを展開。低学年チームもそれに負けないぐらい、元気よくボールを追いかけサッカーを楽しんでいました。

 

初めてのメンズヨガ体験

  • 1005
  • 呼吸を整えながら、ゆっくりストレッチ

 10月5日にまなび泉で「初めてのメンズヨガ体験」が開催されました。

 ヨガと聞くと女性がすると思いがちですが、この講座の対象は男性のみ。椅子に座ったりヨガマットに横たわったりして、ストレッチをします。

 照明を落とした教室でゆっくり体を伸ばしていくと、心も体もリラックスし、参加者は「心が安らいだ」「体が軽くなった」と足取り軽く帰っていきました。

 

どんなんかなぁ?ハロウィンお楽しみデイ!

  • 作った仮面をかぶって、はいポーズ!
  • 店員さんにスタンプを押してもらって、お菓子をおねだり
  • 仮面の下絵を真剣に描きました
  • 作った仮面はぴったりフィット

 10月6日にサーティホールで「どんなんかなぁ?ハロウィンお楽しみデイ!」が開催されました。

 10月31日のハロウィンにちなんだイベントで、午前中は画用紙でカボチャやコウモリの形をした仮面を作りました。他にも、ハロウィン折り紙コーナーや写真撮影コーナーもあり、会場はすっかりハロウィン一色。

 午後からは、ハロウィンには欠かせないお菓子のおねだり体験会があり、近隣の施設や店舗を回ってお菓子をもらい、一足早くハロウィンを楽しみました。

 

 

氷野小学校で稲刈り体験

  • 鎌の使い方を教えてもらいました
  • コンバインで脱穀されたもみを手に
  • 長靴持参で気合い十分
  • 一人5株ずつ刈りました

 毎日食べるお米がどのように作られているのかを知るため、10月17日に氷野小学校グラウンドの一角にある田んぼで、5年生が稲刈り体験に取り組みました。6月の田植えから、当番が毎日水やりをして順調に育った稲は、たわわに実り収穫の時を迎えました。

 地域の人たちの協力を得て始まったこの授業は、今年で3年目。稲刈りが始まると楽しそうな声や、「固いよー」と初めて使う鎌に助けを求める声があちこちから聞こえてきます。参加した児童は「稲を育てることの難しさを知り、ご飯を大切に食べようと思いました」と話していました。

 刈った稲は乾燥・精米され、炊飯器ではなく鍋で炊く予定です。子どもたちは「早く食べたい」と待ち遠しそうでした。

 

未来のなでしこ大集合2013

  • まずはウォーミングアップから
  • いろいろな障害物をクリアしてシュート
  • 3、4年生とクラブチームで試合
  • 練習後には抽選で文房具やタオルなどをもらいました

 10月19日に四条グラウンドで「未来のなでしこ大集合2013」が開催されました。

 大阪桐蔭高等学校女子サッカー部のメンバーがコーチとなり、パスやシュートの練習、学年別での試合などが行われました。前日の雨でぬかるんでいる場所も多かったのですが、子どもたちは泥だらけになるのも気にせず、懸命にボールを追いかけます。試合でシュートが決まると、飛び跳ねて喜んでいました。

 

 

秋祭り

  • 龍間地区(10月19日)
  • 東諸福地区(10月24日)
  • 西諸福地区(10月24日)

 複数台の地車が集結するだんじり祭りは、雨のため中止となってしまいましたが、10月下旬に市内各地区では五穀豊穣を願って秋祭りが開催されました。

 老若男女問わずに地域が一体となって歴史と伝統を誇る大きなだんじりを曳行する姿や、迫力ある見事なやり回しで方向転換するところは見応え十分。威勢の良い掛け声が至る所から聞こえてきました。

 

リサイクルバザー

  • お買い上げありがとうございました
  • お気に入りの品をばっちりゲット!!

 10月29日に青少年運動広場で「リサイクルバザー」が開催されました。

 家庭で使われていない生活用品や雑貨、赤ちゃん用品から子ども服におもちゃまで、掘り出し物が並ぶリサイクルバザーが開催され、開始の合図とともに場内は、多くの人出で大にぎわい。自分にとっては不要なものでも、他人にとっては宝物の場合もあり、バザーの醍醐味(だいごみ)の一つである値段交渉をしながら、皆さん笑顔で交流していました。

 
お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・広報広聴グループ(広報広聴担当)
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年7月9日

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当