平成26年3月撮影

おひなまつり

  • お内裏さまとおひなさまになりきってパシャ!
  • プチミュー合唱団の歌声に聞き入ります
  • 子どもたちも参加して一緒に歌います
  • ぬり絵を楽しむ子どもたち

 3月1日にキッズプラザで「おひなまつり」が開催されました。

 7段のひな人形が飾られた会場で、プチミュー合唱団によるコンサートが行われました。子どもたちは手をたたきながらみんなで歌ったり、楽器を鳴らしたり♪

 塗り絵や写真撮影コーナーなどもあり、子どもたちは楽しそうにはしゃいでいました。

 

情熱の国のダンスへようこそ!!~atraccio'n de Flamenco~

  • 観客も参加し、振り付けを習います
  • 力強いダンスに魅了されました
  • 女性の踊り手は大きなスカーフを使い、華やかなダンスを披露
  • 演奏と手拍子でバイラオールを盛り上げます

 3月1日にアクロスで「情熱の国のダンスへようこそ!!~atraccio'n de Flamenco~」が開催されました。

 スペイン南部地方に伝わるフラメンコ。この日の舞台は男性の踊り手「バイラオール」にスポットが当てられ、女性の華やかさとは少し違う、力強くて激しいダンスに引きつけられます。

 まだまだ寒さが残る季節でしたが、会場は手拍子や「オーレ!」の掛け声が響きわたる、熱気に包まれたステージとなりました。

 

女性のための自分磨きセミナー

  • 色の相関図を用いた講座
  • 参加者のファッションチェックもしました

 3月8日にまなび泉で「女性のための自分磨きセミナー」が開催されました。

 人は着ている服の色によって、与える印象が大きく変わるそうです。参加者はそれぞれの色が持つ効果や、場面に応じた服の色の使い分けなどを、メモを取ったり質問を交えたりしながら熱心に聞いていました。

 講座では着こなし方の分からない洋服についてアドバイスを受けることもでき、持ち寄った服に実際に色布をあてて、1枚ずつ色味を確認していきました。皆さん今から春のおしゃれが楽しみになったようです。 

 

大東市ボランティアフェスティバル・大東市子育てフェスティバル

  • 温かいおでんにそそられます
  • ボランティア団体の手芸コーナーは大人気
  • ご機嫌でトンネルをハイハイ♪
  • 人形劇の会場はたくさんの観客でいっぱい

 3月9日に総合福祉センターで「大東市ボランティアフェスティバル・大東市子育てフェスティバル」が開催されました。

 お天気にも恵まれ、朝からたくさんの家族連れが訪れました。バルーンアートやボールのプール、的当てに人形劇など盛りだくさんの内容で大盛況!大人気の「ふわふわドーム」では、子どもたちが飛んだり跳ねたりと大はしゃぎ。ボランティア団体などによる趣向を凝らしたイベントに、子どもから大人まで笑顔があふれる一日となりました。

 

茶道de国際交流

  • 和菓子の後に、お茶をゴクリ!
  • 参加者一人ひとりにお茶が配られます
  • お茶の道具について説明しています
  • お茶をたてる手本です

 3月11日に北条人権文化センターで「茶道de国際交流」が開催されました。

 韓国やインドネシアの人たちが参加したお茶会。先生のお手本どおりに抹茶を飲み干しますが、皆さん「にが~い」と顔をしかめていました。

 この日は飲むだけでなく実際にお茶をたてる体験もでき、記念に写真撮影も。それぞれの国のあいさつやお礼の仕方を紹介するなど、和気あいあいとした雰囲気の楽しい国際交流となりました。

 

ぬいぐるみの図書館お泊まり会

  • ぬいぐるみも一緒に絵本を読みました
  • タオルケットを掛けて「おやすみなさい」

 3月21日に西部図書館で「ぬいぐるみの図書館お泊まり会」が開催されました。

 愛用のぬいぐるみを持参した参加者を大きなぬいぐるみが入口で出迎えます。図書館職員による絵本の読み聞かせが始まると、子どもたちは身を乗り出して聞き入り、楽しいひとときを過ごしました。

 ぬいぐるみを布団に寝かせて部屋の明かりを消すと、ぬいぐるみは夢の世界へ。子どもたちのお迎えまで図書館にお泊まりしました。

 

風船おじさん“Mr.チョップリン”

  • 女の子との絶妙なやりとりに笑いと拍手が起こりました
  • 風船おじさんの技に子どもたちも釘付け
  • 子どもたちは大喜びで見入っていました
  • 参加者のお母さんは舞台で風船を膨らませるお手伝い

 3月26日に野崎人権文化センターで「風船おじさん“Mr.チョップリン”」が開催されました。

 初めは何が起きるのか興味津々で静かに見入っていた子どもたちも、風船おじさんの技と話術に引き込まれ、どんどんにぎやかに。子どもやお母さんも舞台に上がってステージを盛り上げます。

 最後は大きく膨らませた風船の中におじさんがすっぽり入り、ビョンビョン動くと、得も言われぬ動きに会場は驚きの声とともに笑いの渦に包まれました。

 

親子でいっしょに「お・も・て・な・し」術

  • 少し腰をかがめて「はい、どうぞ」
  • お茶は右、お菓子は左が基本です
  • 風呂敷の包み方を教えてもらいました
  • 懐紙の折り方を何種類か教えてもらいました

 3月30日に市立公民館で「親子でいっしょに「お・も・て・な・し」術」が開催されました。

 最近よく聞く「おもてなし」。おもてなしには日本人が昔から大切にしてきた思いやりの心が詰まっています。参加者はお客さまを迎える時の準備やマナーについて、メモを取りながら熱心に聞いていました。

 お茶やお茶菓子を出す作法の実践では少し緊張しながらも、とても丁寧で美しい所作からはおもてなしの心が感じられました。最後はみんなでお菓子を食べて、和やかな講座となりました。

 
お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・広報広聴グループ(広報広聴担当)
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年7月9日

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当