平成26年5月撮影

こいのぼりの川渡し

  • 住道駅前大橋から撮影
  • 住道駅前大橋から撮影したこいのぼり
  • のざきまいりクルージングを出迎えるこいのぼり
  • のざきまいりクルージング船から見たこいのぼり

 4月中旬から5月5日のこどもの日まで、JR住道駅前で寝屋川にたくさんのこいのぼりが渡されていました。色とりどりのこいのぼりは、5月1日と2日に開催された「野崎まいりクルージング&ウォーキングツアー」の乗船客の目を楽しませていました。

 

のざきまいり

  • ジャズの演奏で、のざきまいりが始まります
  • 昔ながらの露店のゲームに子どもたちも夢中
  • 東日本大震災からの復興と現状についてのパネル展も開催されました
  • 参道は参拝客でいっぱい
  • 傘をかぶって、クルージングに出発!
  • 昔は観音浜まで田舟に乗ってきたそうです
  • 参加者の質問にも丁寧に答えて、楽しくガイド

 5月1日~8日まで、野崎観音(慈眼寺)などで「のざきまいり」が開催されました。

 毎年約300軒もの露店が軒を連ね、15万人以上の人出でにぎわうのざきまいり。今年は船での参拝が1日・2日の期間限定で復活しました。多数の応募の中から抽選で選ばれた参加者は、三度傘をかぶり天満橋の八軒家浜から住道駅前に臨時に設置された桟橋までを水上バスで航行。船上では春の風を感じながら落語家による上方落語「のざきまいり」を楽しみました。

 その後は大東市観光ボランティアガイド「やまびこ」の案内で、野崎観音までの道のりを陸路で散策。参加者は疲れを見せない軽やかな足取りで鮮やかなツツジの花が咲き誇る野崎観音の境内まで歩きました。

 

市立公民館ふれあいまつり

  • 個性豊かな作品をじっくりと鑑賞
  • 三線の演奏も行われていました
  • 工作教室は親子連れに大人気
  • 工作教室ではパズルを組み立てて、恐竜の模型を作ったよ

 5月10日と11日に、総合文化センターで「市立公民館ふれあいまつり」が開催されました。

 毎年恒例で大勢の市民が参加するふれあいまつり。市立公民館で活動している団体の皆さんが日頃の成果を発表する展示スペースには、写真や俳句、陶芸作品などが所狭しと飾られていました。その他にも工作教室や舞台など、子どもから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさん。おなかがすいたら模擬店でカレーライスを食べたり、コーヒーを飲んだりと、思い思いの時間を過ごしていました。

 

きしゃぽっぽ こどもまつり

  • 魔法のような手品に、大人も子どもも釘付け!
  • おもちゃの金魚、いっぱい捕れたよ
  • しゃぼん玉遊びも大人気でした
  • 細長い風船があの有名なキャラクターに変身!

 5月17日につどいの広場きしゃぽっぽで「きしゃぽっぽ こどもまつり」が開催されました。

 バイオリンとオルガンの演奏会に始まり、手品やバルーンアートなどに子どもたちはきらきらと目を輝かせていました。その後はしゃぼん玉遊びやこま回しなどのコーナーで思い思いに楽しんでいました。

 普段から利用している参加者は「新しい友達ができました。育児や家庭の悩みを打ち明けることでストレスの解消になっています」と話し、多くの子育て中の人たちに活用してほしいと感じました。

 

であいふれあい「愛あい広場」

  • 車いすを操作するのは「意外と難しいな」
  • 手話の体験コーナーで
  • 手話コーラスで「アンパンマンのマーチ」
  • 慣れた場所でも見えないと不安です

 5月17日にJR住道駅前デッキで「であいふれあい『愛あい広場』」が開催されました。

 目の覚めるような五月晴れの青空のもと、朝早くからたくさんの家族連れが訪れました。焼きそばやかき氷の模擬店が出店したほか、点字のタイプライターや車いすなどを実際に体験できるコーナーも。手話での簡単なあいさつを教えてもらったり、アイマスクを付けて歩いたりと、障害のある人たちの気持ちを少し理解できたようで、良い機会となりました。

 

ダイトウアーティスト展vol.0

  • 参加者が作った「ミニチュア大東市」
  • 個性的な作品が勢ぞろい
  • 段ボールで戦車?らしきものを作る人も
  • ワークショップには子どもたちもたくさん参加していました

 5月17日から25日までサーティホールで「ダイトウアーティスト展vol.0」が開催されました。

 会場には市民の皆さんやゲストアーティストの個性的な作品が展示されていたり、大東市のジオラマ(立体模型)を作るワークショップがあったりと、芸術的な空間になっていました。

 

大東四條畷消防市民音楽隊「W'ings」スプリングコンサート

  • 買い物中の人も足を止めて聞き入りました
  • 強い日差しが照りつけるなか、息の合った演奏を披露

 5月18日にポップタウン住道オペラパークで「大東四條畷消防市民音楽隊『W'ings』スプリングコンサート」が開催されました。

 青空のもと、揃いの白いユニフォームに身を包んだW'ingsが、「トトロコレクション」「あまちゃんオープニングテーマ」などを演奏すると体でリズムを取る人も。お昼の暑い時間帯でしたが会場は満席で、大いに盛り上がりました。

 

消費者月間学習会「発酵食品みそのススメ」

  • 質問タイムは和やかな雰囲気
  • 発酵の仕組みを学びました

 5月20日に市民会館で「消費者月間学習会『発酵食品みそのススメ』」が開催されました。

 発酵食品の代表である「みそ」。おいしいみそ作りの秘訣についてメモを取る参加者の顔は真剣そのものです。参加者の多くは実際にみそを作っているようで、講演の後には日頃の体験に基づいた細かな質問が飛び交っていました。参加者は「次の仕込み作業が今から楽しみ」とうれしそうに話していました。

 

JAFSチャリティバザール

  • 掘り出し物はないかしら?
  • タンバリンを鳴らしながら華麗なダンスを披露

 5月31日にJR住道駅前デッキで「JAFSチャリティバザール」が開催されました。

 JAFS(公益社団法人アジア協会アジア友の会)はアジアの人たちに安全な水を贈るために活動している団体で、この日は衣類や日用品、アジア雑貨など掘り出し物がいっぱいのチャリティバザールを通して、国際協力を求めました。30度を超える暑い日でしたが、ステージでは歌ありダンスあり、楽器演奏ありと、暑さも吹き飛ばすパフォーマンスが行われ、出店者も参加者も楽しんでいました。

 
お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・広報広聴グループ(広報広聴担当)
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年12月22日

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当