平成26年11月撮影

スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業

  • 無理はせず、ゆっくりと筋肉を伸ばします
  • みんな上手にできました!

 11月2日に大阪産業大学wellness2008で「スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業」が行われました。

 地域住民の運動・スポーツへの参加と地域コミュニティの活性化を目的として開催され、子どもから大人まで楽しめる教室がいっぱい。

 健康体操教室では、腰痛を改善する運動などがあり、参加者は講師から教わったポイントを意識しながら体を動かしました。

 また、キッズ体操教室では、跳び箱や平均台などの運動器具がズラリと勢ぞろい。子どもたちはトランポリンなどの初めて行う運動にもすぐに慣れ、元気いっぱいに運動を楽しんでいました。

 

野活祭だワッショイ!

  • 高さ8メートルの台からジャンプ!
  • ジャンプする人の命綱は仲間たちが握っています
  • 炭火でバームクーヘン作り
  • 祭りの締めくくりは、キャンプファイア!

 11月2日に青少年野外活動センターで「野活祭だワッショイ!」が開催されました。

 青少年野外活動センターの30 周年を記念して開催されたお祭りには、木登りやボート体験などの体を動かすコーナーや、ピザや焼き芋などの模擬店も出店し、どこから回ろうか悩むほどお楽しみがいっぱい。

 特に参加者を釘付けにしたのはプロジェクトアドベンチャー体験。高さ8 メートルの台からジャンプしてボールに触るというもので、恐怖で20分以上動けない子もいれば、勢いよく飛び出す子もいて、普段味わえない体験ができたようです。

 

灰塚・朋来地区ふれ愛まつり

  • ダイトンの焼印をした木のコースター作りは大人気
  • 絵画や小物など地域の人たちによる作品を展示
  • 地域の人たちに教えてもらって射的に挑戦
  • 老若男女入り混じってのグラウンドゴルフ

 11 月2 日に大東中学校で、毎年恒例の「灰塚・朋来地区ふれ愛まつり」が開催されました(主催=大東中学校区地域教育協議会)。

 「子どもたちは学校、家庭、地域で育てる」を合言葉に、大東中学校の生徒や教師、地域住民、子どもから高齢者までが触れ合いながら協力して運営しました。自転車教室、グラウンドゴルフ、ハンドベル演奏、灰塚小学校の児童によるソーランなどが行われ、焼そばなどの模擬店は早々に売り切れる盛況ぶり。

 ダイトンも参加して、あちらこちらに笑顔があふれる楽しいまつりでした。「来年も開
催しますので、地域住民以外の人もぜひご参加ください」(主催者)

 

ふかきた音楽祭 台風リベンジ

  • 開放感のあるステージで熱唱
  • 木箱のベンチやゴザで、のんびりと
  • 広々とした芝生の上の音楽祭
  • 飲食店のブースや雑貨のお店もありました

 11月8日に深北緑地で「ふかきた音楽祭 台風リベンジ」が開催されました。

 深北緑地を拠点に、魅力と活気あふれるまちづくりに貢献するために開催された音楽祭。一度は台風の影響で中止になりましたが、スタッフのてるてる坊主のおかげ
か、この日は好天に恵まれました。

 観客は広々とした芝生の上で、気持ちよく生演奏に聞き入ります。手作りピザやカレー、雑貨のお店などが並び、来場者は食事やおしゃべりをしながら、子どもを遊
ばせながらなど、思い思いに音楽を楽しんでいました。

 

第40回大東市民マラソン大会

  • 小学生の部、スタート!
  • キャラクターの着ぐるみを着たランナーも
  • ピストルの合図で、スタート!
  • 自分の記録が記載されたカードがもらえます

 11月16日に深北緑地球技広場および園内周回路で、「第40回大東市民マラソン大会」が開催されました。

 40 回目の節目を迎えた今回の大会もすがすがしい秋晴れの中で開催され、約750人が市内外から参加しました。さまざまな年代の参加者が年齢や体力に応じて挑戦でき、周回コースの美しい紅葉を見ながら走れるところが魅力の一つです。

 仲間や家族と一緒に楽しく走る人や自身の記録に挑戦する人など、それぞれのペースでスポーツの秋を満喫していて、元市民ランナーとしてうらやましく思いました。

 

ふれあい手芸教室

  • つまようじを使った緻密な作業
  • おしゃべりしながら、和やかに
  • 完成まであと少し!
  • 最後に作品を並べて記念撮影

 11月18日に野崎人権文化センターで、「ふれあい手芸教室」が開催されました。

 ちりめんで今年の干支のひつじを作ろうと、手芸好きが集まりました。細かい作業ですが、参加者は和やかに談笑しながら仕上げていきます。

 同じ材料で作ったにもかかわらず、出来上がった作品にはそれぞれ個性があり、趣も違っていました。最後に完成した作品を並べて記念撮影。新年を迎える準備ができました。

 

マチの先生プロジェクト

  • 助産師の先生のもと、赤ちゃんのお世話を体験
  • 和菓子作り体験では、先生の妙技に釘付け
  • 難しいロット(丸い筒)巻きにも挑戦!
  • お手本を見ながら…みんな上手!

 平成26年度の提案公募型委託事業として、「マチの先生プロジェクト」が11月23日にサーティホール(市民ギャラリー)で開催されました。このイベントは、シニアを中心としたマチの大人が先生となり、子どもたちにミニ職業体験してもらうことで、子どもたちの心に「将来の夢の種」をまき、働くことへの興味を育てようという催しです。

 当日体験できる職業は、パティシエ、大工、美容師、消防士などさまざま。子どもたちは、初めての体験に顔を輝かせながら真剣に先生の説明を聞き、一生懸命取り組んでいました。

 将来の夢を決めている子もいれば、まだ何になりたいか分からない子もいて、参加した子どもたちの思いはそれぞれのようでしたが、今回の体験で夢が広がった子どもたちの将来がとても楽しみです。

 

ハンドメイドフェスティバル&癒しの空間フェアDAITO

  • 素敵なトールペイントの作品
  • 作品を通して会話も盛り上がります
  • はんだごてを使ってステンドグラスの小物作り
  • 出展者も他の作品が気になるようです

 11月29日にアクロスで、「ハンドメイドフェスティバル&癒しの空間フェアDAITO」が開催されました。

 手作りの雑貨やアクセサリー、かばんなどかわいらしいものが所狭しと飾られた会場に、多くの人が訪れました。既製品にはない温かみや個性あふれる作品を手に取ると、作り手の思いが伝わってきます。

 体験コーナーやワークショップには子どもたちも参加し、見本を見ながらいざ挑戦!思い通りにはいかなかった子も、手作りの醍醐味を味わったようでした。

 

農業まつり

  • 行列の前には大きな大根が山積み!
  • 大根が飛ぶように売れていきます
  • サケやカニの販売もありました
  • きな粉餅コーナーには長蛇の列が

 11月30日に末広公園で、「農業まつり」が開催されました。

 だいとう産中心の野菜や果物が格安で販売され、毎年多くの人でにぎわう農業まつり。中でもきな粉餅のコーナーには、50 メートルを超える長蛇の列が。また、1 回100 円のお米のすくい取りでは、大人も子どもも少しでも多くすくおうと、必死になりつつも、楽しんでいるようでした。

 市内でとれた新鮮な野菜を前にすると、丹精込めて育ててくれた生産者の姿が浮かんでくるようで、ありがたくいただこうという気持ちになりました。

 

ポンプ車両入魂式

  • 神聖な雰囲気の中、神事が進みます
  • お清めの後、入魂されました

 11 月30 日に大東市消防団第19 分団のポンプ車両入魂式が菅原神社(御領)で行われました。

 御領地区の辻岡区長をはじめ、地域の方々が多数参加する中、宮司によりおごそかに神事がとり行われ、ポンプ車両と消防団の安全を祈願しました。

 火災は起こらないことが何よりですが、ポンプ車両の役目が必要となってしまったときは役割を立派に果たせるようにという思いが込められ、消防団員たちも気持ちを新たにしたようです。

 
お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・広報広聴グループ(広報広聴担当)
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年12月22日

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当