平成27年9月撮影

だいとう市民まつり・健康フェスタ

末広公園に多くの方が集まりました
ミニ機関車に乗って出発進行!
子どもたちのダンスで会場を盛り上げました
最後にみんなで輪になって盆踊り

 9月13日に末広公園・JR 住道駅前デッキ・総合福祉センターで「だいとう市民まつり・健康フェスタ」が開催されました。
 晴天の中、会場は朝から開幕を今か今かと待ち望む市民であふれていました。舞台が始まると、カメラを持った人や観客でごった返し、大盛り上がりに。
 午後からは「未来への架け橋」をテーマに体験ブースが設置され、子どもたちはショベルカーなどの乗車体験や溶接体験、模擬店体験などを緊張の面持ちで行っていました。また、特別ゲストとして俳優の「木下ほうか」さんが来られ、テレビ番組「ほこ・たて」の大東版や市長との対談が行われると盛り上がりは最高潮に達しました。
 同日に開催された健康フェスタでは、歯科医師からの指導や測定、健康相談などが行われ、健康に対する意識が高まった一日でした。

アキビン演奏ワークショップ

輪になってセッション開始
空き瓶の音を楽しむ女の子たち
みんなで輪になって片手を重ねて演奏中
空き瓶と参加者たち

 9月13日にアクロスで「アキビン演奏ワークショップ」が開催されました。
 この日の演奏で使う楽器は、なんと空き瓶。飲み口から息を吹くと「ボーッ」と特徴的な音が出ます。
 息の吹き方や口の形によって音が変わるため、出る音は吹き手によってさまざま。空き瓶の演奏という珍しい体験に、会場は大いに盛り上がりました。

「救急の日」「救急医療週間」啓発活動

人形に心臓マッサージをする男の子
人工呼吸に挑戦する男の子
消防隊員の説明と指導を受ける親子
救急車の乗車体験をする子どもと見守る家族

 9月6日にポップタウン住道オペラパークで「救急の日」「救急医療週間」啓発活動が行われました。
 AED(自動体外式除細動器)とは、突然心肺停止状態になった心臓に電気ショックを行い、心臓の動きを正常に戻すための医療機器です。訪れた人は、万が一のときに慌てずAED を使うことができるよう、消防隊員の説明と指導を真剣に聞いていました。
 また、救急車の乗車体験では、日頃乗ることのない救急車に子どもたちは大興奮。嬉しそうに助手席に座って写真を撮ってもらっていました。

だいとう妖怪ウォッチング~伝説の龍編~

スクリーンを使って龍の由来などについて解説する担当者
龍について理解を深める参加者たち
絵の具を使って綺麗に龍の塗り絵をする女の子
龍の連だことなる紙に緑色の絵の具を塗る女の子たち

 9月6日にアクロスで「だいとう妖怪ウォッチング~伝説の龍編~」が開催されました。
 大東市には古くから「落ちてきた龍(聖武天皇時代に大干ばつが起こり、それを助けようと雨を降らせてくれた龍の体が3つに裂けて落ちてきた)」という民話が残されています。
 まずは、バラバラになった伝説の龍を復活させるため、龍の姿を想像しながら龍の連だこを作成。その後は、家族みんなで手伝い合いながらオリジナルのたこをつくりました。
 参加者は「大東市にも龍がいて、その名残の寺があることに驚きました」と大東市の新たな魅力の発見を喜び、「たこ揚げが楽しみです」と嬉しそうに話していました。

お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・秘書グループ
電話番号072-870-0402 ファクス072-872-2291
・広報広聴グループ
【広報広聴担当】
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
【統計担当】
電話番号072-870-9393 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ