平成28年7月撮影

ラフター(笑い)ヨガ講座

笑って動いて気分スッキリ!

 7月1日ラフター(笑い)ヨガ講座が諸福老人福祉センターで開催されました。

 ラフターヨガとは、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたもので、笑うことで多くの酸素を自然に体に取り入れることができるため、心身共にすっきりし、自然治癒力や免疫力が増加するなど、健康増進効果があるといわれています。

 参加者は、体を動かしながら冗談を言って笑い合ったことで、「とても楽しくて心も体も軽くなった」「肩こりがなくなった」と効果を実感していました。

取材:市民レポーター 河村共之

子どもたちに夢を!アーティスト体験 君もオーケストラ奏者になろう

ドラマーになったよ!
カスタネットとウインドチャイムを体験

 7月3日に子どもたちに夢を!アーティスト体験 君もオーケストラ奏者になろうが市立公民館で開催されました。

 当日は猛暑でしたが、たくさんの親子連れでにぎわいました。大東ウインドオーケストラの協力のもと、会場内にはフルートやトランペット、ドラムやトライアングルなど色々な楽器が自由に触れて、吹いて、叩いて、音を出して楽しめるように展示されていました。

 管楽器は吹くのが難しく、最初はなかなか音が出ませんでしたが、大東ウインドオーケストラの皆さんの丁寧な指導により、めきめきと上達し音が出るようになると、子どもたちの満足そうな笑顔が見られました。

取材:市民レポーター 竹重稔也

普通救命講習会

二人で協力しながらAEDを装着
吹き込む息が漏れないように注意して・・・

 7月10日普通救命講習会が大東消防署で開催されました。

 AEDは、血液を正常に循環させられなくなった心臓に電気ショックを与え、心臓の機能を回復させる機器です。

 講義では、AEDの装着方法のほか、倒れた人を見つけたときの対応や胸骨圧迫、人工呼吸の実技などを、実際に人形を使いながら学びました。

 参加者は、「実際に遭遇した時に、きちんと対応できるかが不安」としながらも、「今日の訓練が誰かの命を救うことにつながる」と真剣な表情で取り組んでいました。

取材:市民レポーター 黒崎徳生
 

アクロスdeサマーフェスタ2016~アクロス10周年!ゲームdeござーる~ カプコンの出前授業 「ゲーム会社の仕事~ゲームが手元に届くまで~」

カプコン出前授業1
カプコン出前授業2

 7月17日にアクロスで「アクロスdeサマーフェスタ2016~アクロス10周年!ゲームdeござーる~ カプコンの出前授業 「ゲーム会社の仕事~ゲームが手元に届くまで~」」が開催されました。
 カプコンで働く人からの、「ゲームは、一人では人気が出る作品を作ることはできないので、たくさんの人と協力し合って、長い時には2年という歳月をかけて作る」という話に、受講した小・中学生は驚きながらも真剣に話を聞いていました。
 また、ゲームを作るにはアイデアや計算力、文章力などが大切で、今学校で学んでいることは決して無駄ではなく将来仕事で活用されることや、ゲームとの上手な付き合い方など、多くのことを学んだ一日となりました。
取材:市民レポーター 山本佳世子

自然観察会

自然観察会1
自然観察会2

 7月21日に野崎青少年センターで「自然観察会」が開催されました。
 セミの幼虫は、夕方ごろに土から出て木に登り、羽化を始めます。辺りが暗くなった午後7時、羽化の様子を観察しようとたくさんの子どもたちが期待を胸に集まりました。子どもたちは懐中電灯を手に、根気強く幼虫を探します。
 ところが、抜け殻や幼虫がはい出した後の穴はたくさん見つかるものの、この日は運悪く、羽化のシーンに立ち会うことができませんでした。それでもみんな、「またチャレンジしたい!」と元気な笑顔を見せていました。
取材:市民レポーター 岡崎俊雄

トップアスリートによるスポーツイベント

スポーツイベント1
スポーツイベント2
スポーツイベント3

 7月23日に市民体育館で「トップアスリートによるスポーツイベント」が開催されました。
 バレーボール教室初級編では、元全日本女子バレーボールチーム監督の柳本昌一さんからボールを使った準備運動やプレーの基本を学び、「初心者でも楽しく基礎を学ぶことができた」と参加者の喜びの声が聞けました。
 陸上教室では、世界陸上の代表に選ばれた荒川大輔さんによる走り方講座が開かれ、子どもたちは講座終了後も荒川さんにかけっこをおねだり。陸上の楽しさに目覚めた様子でした。また、中・上級編では、「トップアスリートは背骨を柔らかく使っている」という、荒川さんの貴重なアドバイスに参加者は真剣に聞き入っていました。

ひらめき☆ときめきサイエンス ミクロとマクロの世界~電磁波・放射線を見てみよう~

サイエンス1
サイエンス2
サイエンス3

 7月24日に大阪産業大学で「ひらめき☆ときめきサイエンス ミクロとマクロの世界~電磁波・放射線を見てみよう~」が開催されました。
 実習では、放射線の動きが見える「霧箱」や、光を分解して観察できる「分光器」などを実際に作って実験をしました。子どもたちは、普段は目に見えない放射線が白い線状になって見えたり、普段見ている光が七色の虹のように見えたりすることに大興奮。
 また、家から持ってきた物の放射線量を測ったり、静電気を感じてみたりする実験もあり、子どもたちは終始「なぜ?」「どうして?」「そうなんだ!」と生き生きとした表情
を見せていました。
取材:市民レポーター 中村寿人

子ども学芸員体験

学芸員体験1
学芸員体験2
学芸員体験3

 
 7月31日に歴史民俗資料館で「子ども学芸員体験」が開催されました。
 博物館で働く学芸員の仕事体験が行われ、普段は入れない収蔵庫や学芸員の日常作業を、子どもたちが見学しました。
 また、古文書の収納箱の修理や展示品の準備作業にも挑戦し、自分たちが作った展示品が展示ケースに収まると子どもたちはうれしそうに眺めていました。最後に館長が、今後の展示作業の応援をお願いすると、全員が「来まーす!」と大きな声で返事をし、学芸員という仕事にとても興味を持った様子でした。
取材:市民レポーター 柴田俊雄

お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・秘書グループ
電話番号072-870-0402 ファクス072-872-2291
・広報広聴グループ
【広報広聴担当】
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
【統計担当】
電話番号072-870-9393 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ