平成29年2月撮影

ダイトウアーティスト展vol.2 ~発掘わがまちアーティスト&体験!アート入門~

芸術家気分で作っちゃうぞ
たくさんの力作が展示されました

 1月31日~2月5日にサーティホール(市民ギャラリー)で「ダイトウアーティスト展vol.2 ~発掘わがまちアーティスト&体験!アート入門~」が開催されました。

 市内で芸術活動をする人たちの発表の場として開かれた作品展には、さまざまなアーティストの個性光る作品が展示されました。

 2月4日・5日の2日間限定で開催された体験アート入門では、子どもたちが作品制作に初挑戦!何を作るかを一生懸命考え、材料の感触を確かめながら、丁寧に作品を作り上げ、嬉しそうに持ち帰っていました。

取材:市民レポーター 竹重稔也

大東市市制施行60周年記念 第1回大東音頭ふれあいまつり

ステージ前には客席が設けられました
約4時間の熱演に踊り子さんも応えます

 2月5日に市民会館(キラリエホール)で「大東市市制施行60周年記念 第1回大東音頭ふれあいまつり」が開催されました。

 本市を拠点に活動されている江州音頭・河内音頭の6団体が大集結しました。

 大東市伝統芸能「江州・河内音頭」連合会が主催したこのイベントは、地域の歴史・伝統・文化を次世代に引き継ぐために初めて開催されたものです。

 次々と繰り広げられる名調子をじっくり聴く人、軽やかに踊る人。約300人が集まった会場は終始、笑顔と熱気に包まれていました。

 参加者からは「盆踊りは参加者の減少や踊り手の後継者育成など課題もあり、このようなイベントは本当に意義深い」「地域の人同士が一緒に練習して踊って、親睦を深めることが大切。子どもたちにも教えてあげたいし、ぜひ参加してほしい」との声があがっていました。

D-Biz(ディービズ)開設記念セレモニー・シンポジウム

テープカットにより、D-Bizが船出しました
新しい企業支援の在り方に熱い視線が注がれました

 2月14日に大東ビジネス創造センター・キラリエホールで、「D-Biz(ディービズ)開設記念セレモニー・シンポジウム」が開催されました。

 市内の中小企業や起業する皆さんを応援する産業支援拠点「大東ビジネス創造センターD‐Biz」がオープン!開設記念セレモニーでは、226人の応募者の中からセンター長に選ばれた加藤敏さんが「地元を元気にするために頑張りたい」と意気込を語りました。

 その後に開催されたシンポジウムは、事業者や起業をめざす人などで満席に。立ち見が出るほどの盛況ぶりで会場は熱を帯び、参加した人は熱心に聞き入っていました。

だいとう人材問屋ご紹介day

お皿に簡単絵付け体験!
華麗な太刀さばきを披露

 2月17日・18日にアクロスで「だいとう人材問屋ご紹介day」が開催されました。

 さまざま分野において優れた技術や知識を持っている人が登録し、要望に応じて講師や出演者の紹介をする「だいとう人財問屋」。その登録者や団体を紹介する場として、会場では多くの講座や展示、体験などが行われました。

 似顔絵塾や牛乳を使ったオリジナル書作品作りなど体験型の講座、さらには歌謡ショーなど多岐に渡るサークルの紹介に、訪れた人たちは、「いろいろな内容の催しが行われ、一日中楽しめた」と満足そうな表情を浮かべていました。

取材:市民レポーター 中村寿人

のざき彩

笑顔・元気・勇気を与えてくれるチアダンス
プリザーブドフラワーを使ってかわいくアレンジメント体験♪

 2月18日に野崎人権文化センターで「のざき彩」が開催されました。

 野崎人権文化センターでサークル活動している皆さんの、日頃の成果を披露する場として、展示や舞台発表などが行われました。

 そば打ちの試食見学会には、たくさんの人が興味津々で参加し、おそばもおいしく大好評。チアダンスや大正琴、コーラスなどのさまざまな発表では、出演者の生き生きとした表情に、観客も心を動かされ、笑顔があふれていました。

 地域交流の場として、会場が一つにまとまり、人と人とのつながりを感じる心温まる1日となりました。

取材:市民レポーター 柴田俊雄

1日体験ふれあい講座

一人ひとり音色を合わせていくのが醍醐味です
ロープマジックはここをこうして…難しい~!

 2月19日に市立公民館で「1日体験ふれあい講座」が開催されました。

 市立公民館に登録しているサークルの皆さんの、日頃の活動を体験できる催しが行われ、興味を持っていたことに挑戦できる絶好の機会に、たくさんの参加者が集まりました。

 ちぎり絵の講座では、七福神が印刷された和紙をちぎって、味のある色紙を作り、工作教室では子どもから大人まで、いろいろな機械を使って組み木を制作。それぞれ自分の作品を大事に持ち帰りました。水彩画教室では、題材の果物を真剣に観察し、描いた作品を見て「おいしそう」とほほ笑む参加者も。

 もうすぐ来る春に備えて、新しいことを始めたいという意欲に満ちた姿を見ることができました。

取材:市民レポーター 山本佳世子

☆ひなまつり☆

春の歌に合わせて♪
うんとこしょ、どっこいしょ!
大きなかぶのお話

 2月25日キッズプラザで「☆ひなまつり☆」が開催されました。

 ピアノの演奏に合わせて、ピンクの衣装に身を包んだプチミュー合唱団の児童が歌を披露しました。演目は「うれしいひなまつり」や「どこかで春が」などひなまつりや春にちなんだもの。鈴やペットボトルで作った楽器で歌に合わせて音を鳴らし、さまざまな年代の子どもたちが一緒になって楽しむことができました。

 また、会場には立派なひな壇が飾られ、親子でひな人形を眺めたり、たくさんのお友達と遊んだり、特別なひなまつりの思い出ができました。

取材:市民レポーター 黒崎徳生

お問い合わせ先

政策推進部 秘書広報課
・秘書グループ
電話番号072-870-0402 ファクス072-872-2291
・広報広聴グループ
【広報広聴担当】
電話番号072-870-0403 ファクス072-872-2291
【統計担当】
電話番号072-870-9393 ファクス072-872-2291
〒574-8555 大阪府大東市谷川一丁目1番1号 市役所本庁2階
メールフォームによるお問い合わせ

大東に暮らすコト

フォトニュース
くらしの場面から探す
  • 妊娠・出産
  • 成人・就職
  • 入園・入学
  • 結婚・離婚
  • 転入・転出
  • おくやみ
  • 高齢者・介護・障害者
  • 医療・健康
  • ごみ・リサイクル
  • 手続き・証明書
  • 相談窓口
  • 助成・手当