警察官や銀行協会職員などをかたるオレオレ詐欺にご注意!

現在、大東市や近隣の四條畷市・門真市・寝屋川市で、警察官や銀行協会職員を装って電話をかけ、銀行口座や暗証番号を聞き出し、または銀行から現金を引き出させ、預かるとの名目で現金をだまし取ろうとする詐欺が多発しています。
まずは、「自分だけはだまされない」と思わないことが一番大切です。
警察官や銀行協会職員をかたる不審な電話があれば、一旦電話を切り、最寄りの警察署に連絡してください。

 

電話の内容など

  • 第一段階 警察官(捜査員)をかたる電話
    犯人は、大阪府警の警察官(捜査員)を名乗り、被害者宅に電話をかけ、
    「あなたの口座が不正に使われている。」
    「犯人を捕まえたが、あなたの口座情報が漏れている。」
    「悪用されるかもしれない。銀行協会から連絡がある。」など
    と告げる。
  • 第二段階 銀行協会等をかたる電話
    次に、犯人は、銀行協会等の職員をかたり、
    「大阪府警から連絡を受けた。」
    「あなたの口座からお金が引き出される可能性がある。」
    「残高を直ぐにおろした方が良い。」
    「職員を行かせるので、お金を下ろして、すぐに預けて欲しい。」
    「預かったお金は、安全な新しい口座を作って、そこに入金するので、大丈夫。」などと
    電話をかけ、現金を受け取りに来る。
     ※ その他、犯人は、言葉巧みに暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを受け取りに現れる場合もあります。
 

注意点

警察官(捜査員)が現金を引き出すよう指示したり、キャッシュカードを預かることは絶対にありません。
銀行協会の職員が現金を預かったり、キャッシュカードの暗証番号を聞き出すことは絶対にありません。

 

お問い合わせ

四條畷警察署
電話072-875-1234

 

更新日:2018年1月15日