熱中症にご注意ください

~熱中症の予防には水分補給避暑が大切です~

 各地で高温が続き、熱中症の患者さんが増えております。

 熱中症は高温環境下での運動や労働によって起こるだけでなく、家の中にいるだけで熱中症になる事例も多発しています。

 気温がそれほど高くない日でも、湿度が高かったり、風が弱い日は要注意です。

 特に高齢者の方は温度を感じる機能が低下し、暑さを自覚しにくくなっており、そのために脱水状態に陥りやすいと言われます。日頃から水分補給に心がけてください。

 年齢を問わず、外出する時は風通しの良い衣類を着用し、必ず帽子をかぶり、お茶やスポーツドリンクなどを常に携帯するなど、熱中症対策に心がけてください。
 

 

このような症状にご注意ください

 熱中症は、体の水分と塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が破綻するなどして起こります。
 初期の症状として、筋肉に痙攣や痛みを伴う症状があらわれます。症状がすすむと、吐き気や嘔吐、力がはいらないなどの症状があらわれます。
 さらに重症になると意識障害や痙攣をおこしたり、体温が著しく上昇し、最悪の場合は死亡する可能性もあります。

          <症状>                   <対応> 

・めまい、立ちくらみがある

・筋肉のこむら返りがある(痛い)

・汗がふいてもふいても出てくる

重症度1
⇒ ⇒

・水分、塩分を補給しましょう

     

・頭ががんがんする(頭痛)

・吐き気がする、吐く

・からだがだるい(倦怠感)

重症度2
⇒ ⇒ ⇒

・足を高くして休みましょう

・水分、塩分を摂りましょう

・自分で水分、塩分を摂れなければすぐに病院へ

     

・意識がない

・体がひきつける(痙攣)

・呼びかけに対し返事がおかしい

・まっすぐに歩けない、走れない

・高い体温である

重症度3
⇒ ⇒ ⇒

・水や氷で冷やしましょう
(首、脇の下、足の付け根など)

 すぐに救急隊を要請する

 

 

熱中症の予防方法

・室内でも通気を良くするなどして、暑い場所に長時間いることは避ける

・エアコンや扇風機を利用し、設定温度や風向きなどを調整して快適な環境を作る

・スポーツドリンクなど、水分をこまめにとるようにする 

・体調が悪いときは無理をしない 

・外出時は帽子などを着用して、できるだけ直射日光を避ける
 

 ※特に高齢者の方は脱水状態になりやすく、暑さに対する抵抗力が弱いので気をつけましょう。

 

熱中症かな?と思ったら

・まず室温をできるだけ下げて涼しくする

・からだが熱いときは、冷たいタオルや氷のうなどで冷やす
(特に頚部、脇の下、股関節などに当てて、皮膚の直下を流れる血液を冷やす事も有効)

 ・冷たいスポーツドリンクなど、水分をとる

  以上のことができないとき、実施しても症状が改善しないとき、さらにめまい、吐き気があったり、意識がはっきりしないなど重症の疑いがあるときは、早めにお近くの医療機関を受診したり救急車を要請してください。

 

熱中症予防のための一時避難所を開設します

●利用時間=午前9時~午後5時(施設の閉庁日などを除く)

●開設期間=7月~9月末

●お問い合わせ先=地域保健課(TEL:874-9500 保健医療福祉センター)

 2.福祉政策課(TEL:870-0435)

 3.~5.高齢介護室(TEL:870-0472)

施設名 住所
1.保健医療福祉センター 幸町8-1
2.総合福祉センター

新町13-13

3.北条老人憩の家 北条3-15-15
4.野崎老人憩の家 野崎1-8-28
5.諸福老人福祉センター 諸福1-12-12

 

 
お問い合わせ先

保健医療部 地域保健課
電話番号072-874-9500、072-875-2745(健診受付専用) ファクス072-874-9529
〒574-0028 大阪府大東市幸町8番1号 保健医療福祉センター3階

こども診療所
電話番号072-873-8686 ファクス072-873-8687(休日祝日を除く月曜日~土曜日のみ)
〒574-0028 大阪府大東市幸町8番1号 保健医療福祉センター1階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年7月13日