Jアラートと弾道ミサイル落下時の行動

Jアラート(全国瞬時警報システム)の概要

 

   緊急地震速報等の自然災害情報や、弾道ミサイル情報等の国民保護情報といった対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、消防庁など国から人工衛星及び地上回線を用いて送信し、市の防災行政無線等を自動的に起動させることにより、屋外スピーカなどにより、住民に瞬時に伝達するシステムです。

 

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。

 ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える

「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを

流すほか、エリアメールや緊急速報メールにより緊急情報をお知らせします。

 

 〇サイレン音の再生 (このサイレン音を複製し、又は録音するなどして、みだりに吹鳴することは禁じられています。)

 

メッセージが流れた直後に取るべき行動

【屋外にいる場合】

  〇近くの建物(できればコンクリート造り等丈夫な建物)の中または地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。

  〇近くに建物がない時は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

【屋内にいる場合】

    〇できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

   

  速やかな避難行動を行い、従い落ち着いて行動してください。

 ※ さらに詳しい情報については、下記の関連リンクを参照してください。

     (外部サイト:内閣官房 国民保護ポータルサイトに移動します。)

   〇弾道ミサイル落下時の行動について

   〇弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

   〇 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合

     における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

   〇 Jアラートによる弾道ミサイル情報の伝達に関するQ&A

 
お問い合わせ先

危機管理室

電話番号072-875-0211 ファクス072-806-0003
〒574-0037 大阪府大東市新町13番35号 消防本部2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年12月15日