平成29年10月22日執行 衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査のお知らせ

第48回衆議院議員総選挙・最高裁国民審査の投票期日は、平成29年10月22日です。

投票時間は、午前7時から午後8時までです。

開票は選挙当日の午後9時15分から アクティブ・スクウェア・大東体育館(旧深野北小学校)で行います。

 

投票できる人

次の3つの条件にすべてあてはまる人が投票できる人です。

〇平成11年10月23日までに生まれた人(年齢満18年以上)で

〇平成29年7月9日までに大東市の住民基本台帳に登録されており

〇大東市に引き続き3箇月以上お住いの方

※平成29年6月8日までに大東市から転出された人(転出後4箇月経過した人)は大東市では投票できませんが、転出先(新住所地)で投票ができます。

期日前投票について

投票日の当日、投票所に来ることができないと見込まれる人は、期日前投票をすることができます。申請につきましては、こちらで印刷した宣誓書を確認の上、署名のみで投票ができます。投票には入場整理券の持参をお願いします。

【期日前投票期間】
平成29年10月11日(水曜日)~平成29年10月21日(土曜日)

【期日前投票時間】
午前8時30分~午後8時00分

【期日前投票所】
大東市役所 南別館1階 会議室

不在者投票について

投票日当日も期日前投票期間中も大東市にいないため、当日投票所や期日前投票所での投票ができない人は、不在者投票をすることができます。

不在者投票を行うには、まず、「不在者投票宣誓書・請求書」で大東市選挙管理委員会宛に投票用紙の請求を行う必要があります。

(※下記PDFを表示していただき、印刷をお願いします。)

大東市選挙管理委員会から投票用紙が届きましたら、お近くの市町村の選挙管理委員会に行き、職員の指示に従って投票を行ってください。投票済みの票は、大東市に返送され、開票に加えられます。

※投票用紙の請求は、お早めに※

29衆議院選挙・国民審査不在者投票宣誓書・請求書(PDF:114.8KB)

郵便による不在者投票について

【対象者】

  1. 「身体障害者手帳」の交付を受けている人で、次の等級に該当する人
    ・両下肢、体幹または移動機能の障害の程度が1級または2級
    ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害の程度が1級または3級
    ・免疫の障害の程度が1級から3級
  2. 「戦傷病者手帳」の交付を受けている人で、次の記載がある人
    ・両下肢、体幹の障害の程度が、特別項症から第2項症
    ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害が特別項症から第3項症
  3. 「介護保険被保険者証」に次の認定の記載がある人
    ・要介護状態区分が要介護5

【手続き】

郵便による不在者投票をするためには、予め、「郵便等投票証明書」の交付を受けておく必要があります。郵便投票を希望される場合には、「郵便等投票証明書」を添えて、投票用紙の交付請求を行ってください。

【郵便による不在者投票における代理記載制度について】

郵便による不在者投票ができる選挙人で、自らが投票の記載をすることができない人として定められた次の人は、あらかじめ大東市選挙管理委員会に届け出た人(選挙権を有する人に限る。)に投票に関する記載をさせることができます。
〔対象者〕

  1. 「身体障害者手帳」に、上肢または視覚の障害の程度が1級と記載されている人
  2. 「戦傷病者手帳」に、上肢または視覚の障害の程度が特別項症から第2項症までと記載されている人

代理記載の方法による投票を行うためには、郵便等投票証明書の交付申請に加えて、予め手続きを行っておく必要があります。
 

郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人なし)(PDF:53.8KB)

郵便等投票証明書交付申請書(代理記載人あり)(PDF:54.7KB)

請求書(代理記載人なし)(PDF:47.7KB)

請求書(代理記載人あり)(PDF:49.1KB)