特別警報の運用が開始されます

 気象庁は、平成25年8月30日から重大な災害が起こる可能性が非常に高まっていることをお知らせする「特別警報」の運用開始を予定しています。

【特別警報とは】
 気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こる恐れがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけます。

  • 警報の発表基準をはるかに超える現象に対して、特別警報を発表されます。
  • 特別警報が発表されたら、身を守るために最善を尽くしてください。
  • 津波、噴火、地震については、現行の警報のうち危険度が高いレベルのものを特別警報に位置付けられます。
  • 特別警報が発表されないからといって安心することは禁物です。
 

特別警報が発表されるまで

特別警報イメージ図 

詳しくは気象庁ホームページでご確認ください。

 
お問い合わせ先

危機管理室

電話番号072-875-0211 ファクス072-806-0003
〒574-0037 大阪府大東市新町13番35号 消防本部2階
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2017年1月31日