水道管の凍結にご注意下さい

 気温が氷点下になると、水道管の中の水が凍って、破裂したり、水が出なくなったりする恐れがあります。水道管が凍結しやすい場所では、早めに凍結防止の準備をお願い致します。

 

凍りやすい水道管

〇露出している 〇屋外にある 〇北向きの日陰にある 〇風当たりの強いところにある

 

凍結を防ぐには

 屋外に露出している水道管や蛇口の部分には、専用の保温材や布・毛布・タオルなどを巻き、その上からビニルテープなどを巻いて防水すると凍結防止の効果があります。布・毛布・タオルなどがぬれてしまうと逆効果になることがあるのでご注意ください。また、メーターボックスの中には、同じく布・毛布・タオルなどで保温すると効果があります。

 

凍ってしまった時は

 自然に溶けるまで待っていただくか、蛇口を開き、凍った部分にタオルなどをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりかけてください。この場合、急に熱湯をかけると水道管や蛇口が破裂する恐れがあります。必ずぬるま湯をかけてください。

 

水道管が破裂した時は

 止水栓(バルブ)を閉め、破裂した部分に布かテープをしっかり巻き付けて応急処理をし、上下水道局か本市指定給水装置工事事業者に連絡してください。

 
お問い合わせ先

上下水道局 水道施設課
電話番号072-871-1195 ファクス072-871-1340
〒574-0043 大阪府大東市灰塚四丁目1番1号
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2018年12月28日