ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > 事業者の皆さんへ > 補助制度・給付金・助成金 > 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)における新型コロナウイルスの影響による売上減少の証明申請について

本文

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)における新型コロナウイルスの影響による売上減少の証明申請について

記事ID:0001782 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

申請書の名称

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書(PDF:55.6KB)

確認書類(PDF:20.2KB)

制度の概要 

国の令和2年度補正予算「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」については、概算払制度(交付決定額の50%)があります。その場合、売上が前年同月比20%以上減少していることが条件となります。大東市では、市内事業者の方からの「売上減少の証明書」の交付申請を受け付けております。

記入上の注意

注意事項:

  1. 大東市では、証明書をお渡しできるのは、受付をした翌開庁日となっております。当日渡しはしておりませんので、ご注意ください。
  2. 証明書は、2枚で1セットです。(1枚は市保存用、1枚は交付用)
  3. 申請の際の押印は、「実印」となっております。
  4. 書き間違いをされた場合は、「修正液」での訂正はお受けできません。
  5. 必要書類は以下のとおりです。
  6. ただし、5 に挙げた正式な書類の添付が難しい場合、申請に必要な売上を抽出した書類を作成し、下に「上記に相違はありません」「会社名」「代表者名」(個人事業主の場合は「屋号(ある場合のみ)」「お名前」)と書き「実印」を押して、提出してください。
  7. 代理人が来られる場合は、委任状を提出ください。

2020年2月から2021年1月までの任意の1箇月間の売上が確認できる書類(例:「試算表」「決算書」「貸借対照表」「確定申告書」などの写し)

1の期間に対応する前年同月の売上高等が確認できる資料

提出者 

申請者本人もしくは関係者

提出方法 

添付資料を添えて持参

代理提出の可否 

委任状があれば代理人可

郵送の可否 

不可

手数料 

無料

その他

セーフティネット保証4号に関して、売上減の認定を受けている場合は、この証明書は不要です。補助金申請の際には、同認定書(コピー可)を添付してください。

参照ページ

小規模事業者持続化補助金(日本商工会議所)<外部リンク>

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>.(日本商工会議所)<外部リンク>

中小企業庁:セーフティネット保証制度(4号:突発的災害(自然災害等))<外部リンク>

大阪府ホームページ(新型コロナウイルス感染症対応緊急資金)<外部リンク>

経済産業省の支援策(新型コロナウイルス感染症関連)<外部リンク>

大阪府ホームページ(新型コロナウイルス感染症の発生により経営に影響を受けている中小企業者の皆様へ)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)