ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス関連情報 > その他のお知らせ > 感染状況 > 本市職員等の新型コロナウイルス感染について

本文

本市職員等の新型コロナウイルス感染について

記事ID:0021300 更新日:2021年4月15日更新 印刷ページ表示

●本市職員(令和3年4月15日)

4月15日、大東市役所西別館3階道路課に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、14日の夜に、発熱があったため、15日にPCR検査を受けたところ、陽性と判明しました。
この職員は、15日以降出勤しておらず、発症前の市民との接触はありません。
濃厚接触者は確認中ですが、現時点で接触のあったと思われる職員については、本日PCR検査を受ける予定です。
なお、庁舎内の消毒に関してはすでに実施し、市民の皆さんや役所の業務には支障が出ないように対応してまいります。

●本市職員(令和3年4月13日)

4月13日、大東市役所本庁舎2階戦略企画課に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、8日の昼、微熱があったことからすぐに帰宅し、12日になっても引き続き微熱があったためPCR検査を受けたところ、本日(13日)昼、陽性と判明しました。
この職員は、8日の昼以降出勤しておらず、発症前の市民との接触はありません。
濃厚接触者は確認中ですが、現時点で接触のあったと思われる職員については、PCR検査を受け、陰性が確認されました。
なお、庁舎内の消毒に関してはすでに実施し、市民の皆さんや役所の業務には支障が出ないように対応してまいります。

●本市職員(令和3年4月12日)

大東市立南郷小学校に勤務する職員(会計年度任用職員)1名が新型コロナウイルスに感染していることが4月9日(金曜日)に判明しました。
保健所の調査により、学校内で濃厚接触者と判断された教職員及び児童はいませんでした。
なお、学校内の消毒は既に完了しており、通常通り授業を行っています。

●本市職員(令和3年4月7日)

4月5日、大東市教育委員会事務局に勤務する職員(会計年度任用職員)1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、4月3日(土曜日)に味覚障害があったことから、5日の朝にPCR検査を受け、同日夜、陽性と判明しました。
現在、大阪市保健所により濃厚接触者について調査中ですが、すでに職場の消毒は実施済みであり、当該職員と市民との接触はありません。
なお、この職員と接触のある職員は、保健所の調査(濃厚接触者かどうか)が確定するまで、在宅勤務としています。

4月9日、濃厚接触者がないことが判明したため、在宅勤務を解除いたしました。

●本市職員(令和3年4月5日)

4月5日、大東市教育委員会事務局に勤務する職員(会計年度任用職員)1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、4月3日(土曜日)の夜に発熱があったことから、4日に受診、5日にPCR検査を受け、陽性と判明しました。
この職員は、3日以降出勤しておらず、大阪市保健所の調査により、現時点では、市民や職員との濃厚接触はありません。
なお、保健所の指示により消毒については実施済みであり、市民の皆さんや教育委員会の業務には支障が出ないように対応してまいります。

●本市職員(令和3年3月25日)

3月25日、大東市教育委員会事務局に勤務する職員(会計年度任用職員)1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、3月24日夜間に発熱があったことから、本日(3月25日)PCR検査を受け、陽性と判明しました。
この職員は、本日出勤しておらず、四條畷保健所の調査により、市民や職員との濃厚接触は現時点ではありません。
なお、保健所の指示により消毒については実施済みであり、市民の皆さんや教育委員会の業務には支障が出ないように対応してまいります。

●本市職員(令和3年2月8日)

2月8日、大東市役所東別館に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、2月5日に発熱があったことから、7日にPCR検査を受け、8日に陽性と判明しました。
この職員は、1月30日から出勤しておらず、発症前の市民や職員との接触はありません。
市民の皆さんや役所の業務には支障が出ないように対応してまいります。

●指定管理者施設に勤務する職員(令和3年1月21日)

1月20日に、大東市立西部図書館に勤務する指定管理者の職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
この職員は、事務室内での勤務のため、発症前の来館者の皆さんとの接触はありませんが、施設内の消毒作業を実施するため、西部図書館・まなび南郷を、21日(木曜日)及び22日(金曜日)を臨時休館とさせていただきます。
なお、23日(土曜日)以降は、市民の皆さんや施設の業務に支障が出ないよう、継続した感染予防対策を図ってまいります。

●指定管理者施設に勤務する職員(令和3年1月19日)

1月18日に、大東市立北条コミュニティセンターに勤務する指定管理者の職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、13日に発熱があり、自宅待機後、18日にPCR検査を受け、陽性と判明しました。
この職員は、10日を最後に出勤していないため、発症前の市民との接触や、濃厚接触者となる職員がいないことから、施設は開館し、業務継続しています。
なお、施設内の消毒については、実施済みであり、市民の皆さんや施設の業務には支障が出ないよう、継続した感染予防対策を図ってまいります。

●本市職員(令和2年11月19日)

11月19日に、大東市役所本庁舎に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
症状としては、19日の朝に発熱(38.4度)と倦怠感があったことから、自宅待機(出勤はしていない)。その日の内にPCR検査を受け、夕方に陽性と判明しました。
発症前の市民との接触はありません。
なお、庁舎内の消毒に関しては19日中に実施済みであり、市民の皆さんや役所の業務には支障が出ないように対応してまいります。