ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 諸福児童センター跡地の活用 > これまでの経過 > 事業実施までの流れ > 【諸福児童C】ショートリストについて

本文

【諸福児童C】ショートリストについて

記事ID:0001716 更新日:2020年2月7日更新 印刷ページ表示

 諸福児童センター跡地については、民間事業者からの事業提案に基づく特定公民連携事業審査会の答申結果を踏まえ、下記内容にて進めてまいります.

活用について

諸福児童センター跡地については、特定公民連携事業として事業構築を進めます。

活用方針

  1. 子どもの未来の可能性を広げる居場所づくり
  2. 職住楽が超近接した新しいライフスタイルの創出
  3. 周辺公共施設と連携した多世代コミュニティの場

事業者選定方法

プロポーザル方式

スケジュール

R2年5月~7月 事業者募集・選定

R2年8月~12月 施設改修

R3年1月~ 事業開始

今後について

 特定公民連携事業として構築するため、実施方針を策定し、議会に上程します。議会にて可決いただい際には、プロポーザル方式による事業者選定に移ります。

効果予測について

施設を特定公民連携事業として活用した場合の効果予測について、下記のとおりとなります。

効果予測シート[PDFファイル/54KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


これまでの経過
イベント情報