ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 課税課 > 事業主の方は従業員の個人市・府民税の特別徴収が必要です

本文

事業主の方は従業員の個人市・府民税の特別徴収が必要です

記事ID:0002492 更新日:2020年11月25日更新 印刷ページ表示

特別徴収とは

個人住民税の特別徴収とは、事業主(給与支払者)が従業員(納税義務者)の代わりに、毎月従業員に支払う給与から個人住民税を差し引きし、納入していただく制度です。

原則、事業主(給与支払者)は特別徴収義務者として、法人・個人を問わず、全ての従業員(パート・アルバイト・役員等を含む)について、個人住民税を特別徴収していただく必要があります。

この特別徴収は地方税法により義務付けられています。(地方税法第321条の4)

特別徴収制度のしくみ

特別徴収制度のしくみの画像

  1. 事業主から市町村に給与支払報告書を提出(1月31日まで)
  2. 市町村から事業主に特別徴収税額の通知(5月31日まで)
  3. 事業主から従業員に特別徴収税額の通知(5月31日まで)
  4. 従業員の給与から特別徴収(6月から翌年5月までの毎月)
  5. 事業主から市町村に個人住民税の納入(翌月10日まで)

事業主を特別徴収義務者として一斉指定します

大阪府内の市町村においては、平成30年度(※)から、個人住民税について、所得税の源泉徴収と同様に、原則、給与支払者である事業主すべてを一斉に特別徴収義務者として指定し、事業主が従業員の個人住民税を給与から差し引きして納付していただくよう、取り組みを進めていきます。

事業主の皆様・市民の皆様には、個人住民税の特別徴収の徹底に関する取組みについて、ご理解とご協力をお願いします。

(※)一部先行して実施する市町村があります。