ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ごみ・環境・自然 > リサイクル・ごみ減量 > 【経過報告】「市役所(本庁)の生ごみ実質ゼロ」大作戦  ~生ごみを堆肥に 市役所本庁舎での食品ロス削減の取り組み~

本文

【経過報告】「市役所(本庁)の生ごみ実質ゼロ」大作戦  ~生ごみを堆肥に 市役所本庁舎での食品ロス削減の取り組み~

記事ID:0026991 更新日:2021年7月2日更新 印刷ページ表示

 こんにちは、環境課です。

 食品ロスや生ごみを減らす一環として、4月1日から、市役所本庁舎で職員の弁当などの食べ残しを堆肥にする「生ごみ実質ゼロ」作戦を始めてから、3か月が経ちました。

 この3か月で51kg(4月:17kg、5月:14kg、6月:20kg)の生ごみが集まりました。この量は、茶碗392杯分のご飯の量(茶碗1杯:約130グラム)に相当します。回収した残飯等は、市役所敷地内の段ボールコンポストに毎日投入し、微生物の力で堆肥化しています。

 7月1日、市役所南別館にて、大東環境みどり会ごみ減量グループの皆さんを講師に招き、段ボールコンポスト講習会(事前予約制)を実施しました。参加された4名の市民の方は、講師の説明に熱心に耳を傾けられ、多くの質問が飛び交っていました。できあがった段ボールコンポストは持ち帰っていただき、早速ご自宅でもご活用いただけるようです。

 段ボールコンポストについては、今年度より新たに出前講座も始めていますので、ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 今後もこの取り組みを継続し、活動状況についても定期的にご報告させていただきます。

講習会

 

【問い合わせ】

環境課 環境衛生グループ

担当:武内(ぶない)

電話:072-870-9265