ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 環境課 > 【経過報告】使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収しています

本文

【経過報告】使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収しています

記事ID:0027434 更新日:2021年7月9日更新 印刷ページ表示

 こんにちは、環境課です。

 

 大東市では、令和3年3月15日にHOYA株式会社アイケアカンパニー(コンタクトのアイシティ)と協定を締結し、市役所本庁で使い捨てコンタクトレンズの空ケースを回収しています。

 使い捨てコンタクトレンズの空ケースの回収を通じて、特に若い世代に対してプラスチックごみ削減等、環境問題を意識するきっかけにしてほしいと考えています。

 回収を始めてから3か月が経過し、回収ボックスが一杯になったため、先日リサイクル業者に空ケースを送り、買い取ってもらいました。収益については、全額日本アイバンク協会に寄付される仕組みです。

今回は、回収量等についてご報告させていただきます。

 引き続き、皆さまのご協力をお願いします。

 

【回収実績】

(令和3年3月~6月回収分)

〇回収量:4月4日kg

〇回収相当数:4,400個(1ケース1g換算)

〇アイバンクへの寄付金額:88円(1kg20円換算)

〇二酸化炭素(Co2)削減量:約12月19日kg-Co2(4月4日kg×2.77)※

※空ケースをプラスチック廃棄物として焼却処理を行うと、1kgにつき2.77kgの二酸化炭素が排出されます(環境省 温室効果ガス排出量算定報告書排出係数より算定)

コンタクト回収量